FC2ブログ

Latest Entries

中山の大藤観賞と『菓子処 きくや』の藤の上生菓子

先日は牡丹園の牡丹と牡丹の上生菓子をご紹介しましたが、本日は藤。
牡丹と藤は同時期に咲くので、花の時期は2か所回って忙しいです。
昨年はコロナのため牡丹園は閉園。藤の方はなんとカットされてしまいました~!!
ワタシは昨年、カットされる前に実は観賞していました!時間差で観に行った翌日にカットされてしまい、平日のお休みにこっそり観に行って正解だったとほっとした次第です。

今年の近隣の藤の名所では藤を伐採してしまうようなことはなかったですが、大藤まつりは中止になっています。
八女市黒木町の黒木の大藤まつりも柳川市の中山の大藤まつりもどちらも中止。
なので、車を停めるスペースがあるかなあと思いながら、ふらふらと訪れました。(これほどコロナが増えるわずか前のことです。)

近場ですぐに訪れられる藤の名所、中山の大藤
藤のトンネルには白藤の姿も!

ブログ1白藤 ブログ2中山の大藤

藤棚から下がる藤色の藤がとても美しいです!
そして香りも甘くてうっとりするくらい強い!!

ブログ3藤 ブログ4藤

一面藤に包まれている感じ。

ブログ5中山の大藤 ブログ6大藤

こちらの藤は樹齢300年以上。本当に立派な藤です。

ブログ7藤 ブログ8藤

平日昼過ぎで、お祭りはあってないですが、藤に誘われて意外と人はまあまあ来ている状態です。
それでも、これだけ写り込まないので、田舎の人口は少ないなあとしみじみ。
観光客さえ来なければ、安全だなあと思います。

ブログ9藤 ブログ10御朱印

今年初めて、こちらの神社で御朱印がいただけました!!
出張御朱印所が出来ていてビックリです!!

ブログ11藤 ブログ12藤

あたり一面が薄紫色で本当に美しい!

ブログ13藤 ブログ14藤

青空にも映えますね。

ブログ15藤 ブログ16藤

このように十分過ぎるほど藤棚の藤を堪能して来ました。

さて自宅でも藤を楽しみます♪
こちらの藤は『菓子処 きくや』のお菓子の藤です!

ブログ1藤上生菓子 ブログ2藤上生菓子

唐津焼隆太窯の菓子皿に苔色が美しいお薄椀でセッティング。

ブログ6藤上生菓子 ブログ4抹茶

まさにリアル藤。美しい練切です!

ブログ3藤上生菓子 ブログ7藤上生菓子

お家でもこうして、また藤の花が楽しめるのが嬉しいです。
お抹茶の苦みとなんとも言えず合うんですよね~

ブログ8藤上生菓子 ブログ9紅茶餡

こちらの藤の上生菓子の餡子はなんと紅茶餡。
ワクワクしながら中身を拝見しました!!ほのかに紅茶の香りがたって、柔らかいミルクティのような甘みが広がります。
やっぱりここのお菓子は本当においしい!!
そして美しいです。
藤の花を観た後は、やはり藤のお菓子ですね~


さて、こちらは2020年4月の中山の大藤です。

ブログ1中山の大藤 ブログ2藤
ブログ3白藤
   藤を撮影した写真は
   たったの3枚!!
   ご時世でもあったし、遠慮がちに写して
   パパパッと帰ったんでしょうね~
   人も殆どいなかったと思います。

この後、伐採されたという話を聞き、悲しくなりました。
今年はさすがに切ったりはされないようです。
お祭りさえしなければ、飲食をする人もいないし、マスクもしたまま観て帰るだけなので、恐ろしくはなかったです。
以前は夜のライトアップがあっていて、椅子と丸テーブルが置かれ、藤の下、飲食を楽しむ方が多かったです。
賑やかで楽し気な感じでしたが、当分そういうことはないのではと思います。

スポンサーサイト



清水寺ぼたん園の牡丹観賞と『菓子処 きくや』の牡丹の上生菓子!

またまたコロナもヤバい感じですね~
地元もじわじわと増えて来ている感じです。
近隣しか出かけないし、と思っていたら近隣も怖くなってきちゃった。
大川市で増えているのですが、どうも木工祭りが原因だそうです!
イベントって、やっぱり怖いんだ!と改めて思いました。行かなくてよかった~

桜の盛りの後はお花も終わったと思っていたところ、今年はかなり色んな花が早咲きで、藤も牡丹も今が満開!
例年GWの頃が満開なので、今年は本当に早い!!
近場で藤の名所も牡丹の名所もあるのですが、軒並みお祭りは中止になっています!
でも観には行けるので、こっそり人がいないだろう平日にお出かけすることにしました。

清水寺ぼたん園です!新緑が美しく、桜の頃と風景が一変していて驚きです。
昨年はぼたん園もコロナのため、開園しておらず、毎年観に行っていた記録が途絶えてしまい残念。
今年は満開の牡丹が観れると思うとワクワクです!

ブログ1牡丹園 ブログ2牡丹園

しかし、牡丹はパラパラっとしか咲いていない!!
4月10日から開園していたそうですが、もう終わりがけのようですね~
本当に今年は花が早い!!もうバラの季節なのかも知れません。

ブログ3牡丹園 ブログ4島大臣

ワタシの大好きな紫系の牡丹は殆ど終わっていて、今は黄色い牡丹が満開。
どこを切り取って写しても黄色ばかりになるのが残念です。
黄色の牡丹は姚黄と言うんですよね~
でもワタシは紫の島大臣が好きです。

ブログ5島大臣 ブログ8クレオパトラ

右側の濃いピンクの牡丹はクレオパトラという品種。華やかですね~

ブログ6牡丹 ブログ9牡丹

満開の時はぼたん園中に牡丹のフルーティな香りが広がり、うっとりする感じだったのですが、香りも殆どないのが残念です。
それでも十分に堪能できました♪
人もさすがに少なく、ゆったりと観賞できました。

さて、八女市の和菓子屋さん『菓子処 きくや』でも牡丹の上生菓子が作られていました!
季節の上生菓子が本当に美しく、再現力が素晴らしい『きくや』ですが、今回の牡丹の上生菓子もうっとりするほどキレイでした~!!
生の牡丹を観賞した後に、自宅にて早速、牡丹の上生菓子をいただきます♪

ちょうど、お抹茶も切れてしまったので、八女にまた再びお茶を買いにお出かけしました!
今回、購入したのは八女市の大正11年創業の『室園銘茶』です。

ブログ5抹茶 ブログ7抹茶

こちらで販売している抹茶は『星野製茶園』のお抹茶でした。
ワタシは江戸千家名心庵御好 星の昔を購入しました。これは楽しみです!

ブログ8抹茶 ブログ9抹茶

自宅にて、お抹茶と和菓子を楽しみます♪

ブログ10きくや ブログ11牡丹上生菓子

こちらが『きくや』の牡丹の上生菓子です!
ピンクの牡丹と白い牡丹の2種がありました!
ちなみにワタシは白牡丹の方をいただきます♪

ブログ12お抹茶セット ブログ13お抹茶セット

有田焼の牡丹柄のお皿に白牡丹の上生菓子を合わせています!
牡丹尽くしで豪華!!
お抹茶碗は塩釉が美しい一の瀬焼丸田窯のものです!
お抹茶がとても映えて美しいです。

ブログ14牡丹上生菓子 ブログ15上生菓子

ゴージャス!!さすが牡丹は百花の王!!食べるのが勿体ないくらいの美しさです。

ブログ17牡丹上生菓子 ブログ16お抹茶

あまりに凝った造りの和菓子にうっとり。
しかし、見た目だけではないのが『きくや』!
お味もとってもおいしいんですよ~
そして、こちらのお抹茶もおいしい!!

ブログ18中身
   なんと!!
   中身の餡子は白餡の中に
   削ったチョコレートっぽい!ものが!!

これだけ正統派の牡丹の姿の中に、こうした洋のニュアンスが入っているのが面白いなあと思います。
すごくおいしいですよ!!
ピンクの牡丹の方は普通に漉し餡だったそうですが、とても上品で正統派のおいしさだったそうです!
いつも期待を裏切らない『きくや』の和菓子です!!
牡丹鑑賞の日に牡丹の和菓子をいただくなんて贅沢ですね~


大牟田市『三井港倶楽部』でバースデイランチ♪ceilシエル《空》コースを堪能しました!

大牟田市の『三井港倶楽部』から、なんとバースデイ割引の案内ハガキが届きました。
昨年のクリスマスにランチをいただきに行って以来になりますが、ここはすごーく雰囲気もよくて、サービスもよく、お食事もおいしかったです!
その時は一番安いランチコースをいただきましたが、それでも十分満足!
ですが、今回は2ランク上のceilシエル《空》コースをせっかくなので予約しています。
なんと2000円も割引になるので、6600円のコースは4600円でいただけることに!!
これはおっ得♪
早速、バースデイ割引でランチ利用することにします♪

ブログ2三井港倶楽部 ブログ3三井港倶楽部

相変わらずの麗しい洋館です。
1908(明治41)年、三井財閥の迎賓館として建てられたこちらの『三井港倶楽部』。
ハーフティンバー様式の建築で、市の登録有形文化財に指定されています。
利用することが応援することになりますので、この建物を維持するためにもコロナ禍でも利用しますとも!
こちらは感染対策も万全!広々としたレストランは体育館ぐらいの広さ!隣の席には飛沫すら届かないでしょう!!

ブログ4三井港倶楽部 ブログ5ロビー

雰囲気満点の応接室にてしばし、案内を待ちます。
明治の洋館でお食事だなんて幸せ~

ブログ6広間 ブログ7広間

館内にはこのように、色々とステキなお部屋がありますが、レストランのメインダイニングは一番広いお部屋になります。
体育館並みの広々のステキなお部屋♪晩餐会とか開かれていたんじゃないかしら~といった趣です。

ブログ8ダイニング ブログ9サービスプレート

サービスプレートはこのようにシャガールの絵皿!おしゃれですね~

ブログ10ランチメニュー ブログ11アミューズ

本日のランチコースのceilシエル《空》です。
オードブルの前にミニャルディーズがテーブルに色々と用意されています。
小さなキッシュ。とてもミニサイズですがお味はしっかりしていて一口で満足!

ブログ12アミューズ ブログ13アミューズ

こちらのミニャルディーズはおもちゃのように可愛らしいです。
ミニチュアのようなマカロンとシュー、そして串刺しの海老のフリットにミニミニグリッシーニです。
一口サイズどころかリカちゃん人形のお食事程度のサイズなのに、お味がどれもしっかりしているのにビックリ!!

ブログ16ミニシュー ブログ17ミニマカロン

どうやって作るんだろう??と不思議になります。
毎回、販売して欲しいと要求を出していますが、なかなか難しいとか。でしょうね。

ブログ14ワインとアミューズ ブログ15ワインとアミューズ

今回はせっかくのバースデイなので(ワタシではありません。)ワインも注文しています。
運転手のワタシはベルギー産のノンアルワインを!葡萄ジュースのような甘口でとてもおいしいノンアルワインです!

ブログ16ロワイヤル ブログ17ロワイヤル

~アミューズ~有明産浅利貝のロワイヤル
このアミューズはこちらの定番お料理のようですね!
前回、来訪時もこのロワイヤルでした。アサリとワサビのスープがとても利いていて、濃厚かつサッパリしたおいしさです!
あまりにおいしくて、最初に度肝を抜かれる一品です。

ブログ18春野菜のプレッセ ブログ19春野菜のプレッセ

~冷前菜~
春野菜のプレッセ サラダ仕立て
前回は苦手な鯖と白菜のプレッセだったのですが、今回は北海道産の帆立とサーモンの魚介なので非常に嬉しいです!
お野菜はヤングコーンや筍の春野菜がぎっしりでとても爽やかです!
帆立側の左側は土佐酢のジュレ、サーモン側の右側には苺とバルサミコ酢のソースがかかっています。
酸味が爽やかでどちらのソースもおいしくて、調和が素晴らしい!
前回のプレッセより、すごーく好みでおいしかったです!
彩りも本当に美しいので映えます!青いガラスのお皿もすごくステキです。

ブログ20スープ ブログ21春キャベツのスープ

~温前菜~ スープです。
本日のスープ
春キャベツのポタージュです。
めちゃめちゃ濃厚なポタージュ!キャベツのポタージュがこんなに濃厚なのにビックリです。
あまりにおいしくってパンですくいあげていただきました!!

ブログ22パン ブログ23バター

パン2種 バター
焼きたてのフォカッチャと雑穀パンです。
ここはパンももちもち、ふわふわで絶品!
お替りできるので、何個も食べたいのが本音ですが、こらえて、雑穀パンをもう一つだけにしています。

ブログ23帆立貝柱のポワレ ブログ24帆立貝柱のポワレ

~魚料理~
旬 帆立貝柱のポワレ春色のソース
最高においしくて大満足の一品です。
めちゃめちゃ大好物の帆立の貝柱のお料理!
北海道産の帆立の貝柱をハムで巻いたポワレです。
野菜もボリューム感があり、このソースがなんとも言えずにおいしい~♪
ここでもソースをからめるのにパンが大活躍でした。
貝柱はふっくらして柔らかく、さすが北海道産は違うなあとしみじみでした。

ブログ25フィレ肉網焼き ブログ26フィレ肉

~肉料理~
特選国産フィレ肉網焼き オリエンタルソース
マッシュポテトの上に柔らかい国産フィレ肉!言わずもがなの最高です!!
しみじみ、おいしいお肉はおいしい~!!
つくづく、前回の一番お安いコースと違ってお値段がアップすると内容もすごくアップするなあと思いました。(当たり前か)
お料理はケチらないようにしないといけないかも~
ここのお店の本領発揮したお料理がいただけて、しみじみここのおいしさに気付けてよかったです!
お肉は焼き方の絶妙さ加減はもちろん、オリエンタルソースのスパイシーさがたまらないです~
ここまでのお料理は本当に大満足でした!!

そしてこれからのお楽しみデザートです!!
お口直しのカシスシャーベット♪酸味が効いてサッパリ♪

ブログ27カシスシャーベット ブログ28デザートメニュー

デザートのメニューから選べる3種のデザートです!
ワタシは迷いに迷って3種の中から、桜香るイチゴのケーキにしました。

ブログ29苺デザート ブログ30デザート

デザート&コーヒー
~特製デザート~
桜香るイチゴのケーキ
~アーモンドケーキとイチゴムースの上に練乳・ナルディ(ハーブのリキュール)のクリーム・桜を散らした春らしいデセールです。
桜餅のような甘さと塩気のコラボレーションをお楽しみください。~
とのメニューアナウンス通り、粉状の桜の塩漬けがふりかかり甘じょっぱ感が楽しめるデザートです。
上の練乳クリームの甘いまろやかさがなんとも言えずおいしい~♪
彩りもピンクで春らしく、今の気分満載の凝ったデザートでした♪おいしいです!

ブログ31コーヒー ブログ32小菓子

~コーヒー・紅茶~
飲み物はコーヒー、紅茶、エスプレッソ、ハーブティ(ローズヒップ・カモミール)から選べます。
ワタシはもちろんコーヒーを!!
ホットコーヒーは少量サイズですが、食後はコーヒーがやはりおいしい♪
そしてこちらはまだまだサービスしてくれます!!
なんと小さな焼き菓子のデザートワゴンがやって来ます!!
~小菓子~

ブログ33小菓子 ジャスミンティー ブログ34小菓子

小菓子と冷たいジャスミンティーグラスのサービスです♪
一番お安い2700円のコースでさえ、このサービスがあるのでビックリしましたが、本当にこちらのレストランはサービス満点!
スタッフの方も親切ですし、お料理の説明もとても丁寧で安心感があります。
心遣いもとても嬉しいですね~

ブログ35バースデイ
   そして最後の最後には
   こんなお誕生日プレートまで!!

お料理は一品一品、どれもおいしくてワタシはもらえなかったけど(当たり前)バースデイプレートまで来て至れり尽くせりで大満足でした!!

会計は席で支払いできるし、最後まで優雅な気分になります~!!
最後にはお庭の散策をしました!

ブログ36秋篠宮殿下お手植えの梅 ブログ37秋篠宮お手植え梅

なんとお庭には秋篠宮殿下お手植えの梅が!!
しょぼしょぼで枯れている~!!!!
まるで今の状況を暗示しているような梅の姿に絶句してしまいました・・・。

ブログ38高円宮殿下お手植え木 ブログ39高松宮殿下お手植え梅

それに反して生き生きとしている高松宮殿下お手植えの梅の木!
このように皇族の方々も数多くいらした『三井港倶楽部』。

ブログ40三井港倶楽部 ブログ1三井港倶楽部

2階のお部屋には昭和天皇もお泊りになったそうです。
團琢磨の銅像もお庭にはあり、明治、大正、昭和の歴史が感じられる迎賓館である『三井港倶楽部』。
お食事だけでなく近代の歴史も楽しめ、史跡としてもステキなところです!

熊本県産の赤い苺と白い苺をいただきました♪「淡雪」&「恋みのり」&「もういっこ」

またまた3月中に食べた苺のご紹介です♪
今回は南関町の物産館『いきいき村』で購入した苺です♪
熊本県玉名郡南関町の物産館の苺と言えば、当然ながら熊本県産苺。
日頃から福岡県産、佐賀県産、熊本県産の苺は日常的に手に入りやすい環境にあるワタシ。
近くのスーパーでも熊本県産苺は売っているのですが、『いきいき村』ではなんと白い苺、「淡雪」が手に入るんです!!
せっかくなら1年に1回くらいは食べたい白い苺、「淡雪」。
今年もしっかりいただいています♪
こちらは赤と白の2色入りの苺のパック。赤は「恋みのり」。白はおなじみの「淡雪」です!
2色セットで1パックのお値段は550円です。

ブログ1淡雪&恋みのり ブログ2淡雪&恋みのり

この苺の生産者は山鹿市の『アグリファーム未来』
かなり大粒の苺が入っています!

ブログ3淡雪&恋みのり ブログ4淡雪&恋みのり

赤い苺の大粒はよくいただきますが、白苺でこんなに大粒を食べるのは初めて~♪贅沢気分です!
元々「淡雪」は鹿児島県で誕生した苺です。
白というより、ほんのり薄ピンクで完熟しても赤くはならないのが特徴です。
「恋みのり」は福岡県で誕生した苺。近隣でもしょっ中見かける、ワタシにとっておなじみの苺です。

ブログ5淡雪&恋みのり ブログ6淡雪&恋みのり

何と言っても白メインで買ったので、「淡雪」からいただきます!
このように中も白で、ミルキーな甘さ。酸味はほぼなく、マイルドな感じの苺です。
小ぶりの淡雪より、甘さは強く感じますし、やはりとってもおいしい♪
白の後にいただく赤い「恋みのり」もかなりの大粒で甘みも強く、ジューシーで酸味も爽やか!
これは交互にいただくとたまりません!!1パック550円の贅沢だなあとしみじみ。
大満足の紅白苺でした!


次にいただいたのも『いきいき村』で購入した『アグリファーム未来』生産の苺「もういっこ」
お値段は380円と買いやすいお値段。
その代わり、少し小ぶりです。

ブログ1もういっこ ブログ2もういっこ

「もういっこ」は初めて食べる品種です!
「もういっこ」は2008年に品種登録された宮城県のオリジナル苺です!
南国九州に東北宮城来歴の苺がうまく育つんでしょうか??
実際に「もういっこ」を目にしたのは初めてで、一瞬驚いたくらいだったので、やはりこっちでは珍しいんでしょうね~

ブログ1もういっこ ブログ2もういっこ

「もういっこ」という名前は、おいしくて1つ食べると、つい「もういっこ」食べてしまうことから付けられたそうです。
果実が円錐形で果皮は鮮やかな紅色。果肉も淡い赤色をしています。
元々はサイズは大きい苺とのことですが、これは小ぶりです。
そして果肉がしっかりして日持ちがいいという特徴があるそうですが、購入2日後にいただきましたが、傷みが早い気がする・・・。
元々、東北のものを九州で栽培していて気温が合わないとかあるのかな?
この苺に関しては、それほど驚くほどのおいしさには感じませんでした。
買ってすぐに食べればよかったかも。
正直、お味の記憶が薄いんです。ちょっと傷みが早かったという印象が残りました。
「もういっこ」は挽回のため、また購入してみようと思ってます。


最後にもう一度、「淡雪」です。こちらも『いきいき村』で買った「淡雪」です。
いつも買う「淡雪」は熊本県玉名市の『西谷農園』の「淡雪」
1パック480円と白苺なのにこんなに格安の訳はB級品だからだそうです!

ブログ1淡雪 ブログ2淡雪

ほんのりピンクが可愛らしい「淡雪」です~
デパートで見かける「淡雪」は大ぶりでお値段は1パック1000円以上するので、これは本当にお得!
昨年もいただきましたが、これで十分においしいんです。

ブログ3淡雪 ブログ4淡雪

まろやかな甘さでミルクちっくなおいしさ!
苺らしい苺ではないですが、1年に1度は絶対食べたい苺です!
それを2回今年はいただけてラッキーでした!!


大木町のおいしいパン屋さん『ベーカリー ラモン Bakery ramon』のあんバターサンドなど色々。

一昨日、大木町の『ベーカリー ラモン Bakery ramon』のおいしい食パンのご紹介をしました。
こちらの食パンは本当においしくてビックリのレベル!
ですが、他のパンもとってもおいしいんです!!そして、お値段もすごくお手頃!!
最近のオシャレ系パン屋さんは田舎の方でもまあまあお値段が高くて、たくさん買うと結構な支出で、ビックリということが多いです。
しかし、ここは手あたり次第買っても安い!!
そして、どのパンもレベル高い!!
ハード系のパンは少なく、ふわふわ系のパン中心ですが、どれも凝っていて、見ためもすごーくおいしそうなんですよね~

ブログ3パン色々 ブログ3あんバター

このようにショーケースには種類豊富に色々おいしそうなパンが並んでいます♪
まさに迷って視線がパンの上をうろうろ。
お値段は殆ど100円代中心!この凝ったパンでそのお値段はあり得ないですよね!

食パンはもちろんですがパンと言えば思わず目が留まってしまうあんバター!!
こちらのあんバターサンドは160円です!おいしそうで、安い!!
ハード系ではなくソフト系なのもおいしそうです!ふわふわもっちりですね!
ワタシは食パンとこれだけのパンを買いました!それでも1500円ぐらいだったと思います。
こんだけ凝ったパンの数々でこのお値段ですよ!!

ブログ4パン色々 ブログ5コーヒー

凝り凝りのパンなので、シンプルにコーヒーといただくことにします♪
コーヒーは大牟田市の『自家焙煎珈琲専門店こうひいや』のコーヒー豆です!

ブログ6あんバター ブログ7あんバター

生地がふんわり、もっちりのあんバターサンド♪

ブログ9中身 ブログ8コーヒー

ソフトな生地とも相性のいいあんバター。少し焼いてパリッとさせてもおいしいと思います!
コーヒーと合わせて、午後のオサレな大人のおやつになりました♪
このままいただいて、とってもおいしいです♪

ブログ10クロワッサンユー ブログ11クリームデニッシュ

こちらはクロワッサンシュー。クリームがたっぷり入った人気№5の人気商品です!
こちらはお値段180円です!!

調理パンは職場ランチのパンになりました!
どのパンもすごーくおいしくて、かつ安い!
これは何度も通わないといけないなあと思っています!

Appendix

プロフィール

GUIHUA

Author:GUIHUA
器が大好き!!コーヒー、紅茶、日本茶と和菓子、洋菓子を組み合わせお家でにやにやしています。
自宅でのティータイムをご覧ください。

カテゴリ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR