FC2ブログ

Latest Entries

みやま市山川町の天保古山の平家一本桜!今年こそ観れました!!&『創作餅工房 みつせ餅っ子』の桜餅

山川町の秘境にある天保古山の平家一本桜。
その咲いている姿をようやく今年観ることが出来ました!!
筑後地域では黒木町、光善寺の枝垂桜と双璧をなす格調の高い桜である天保古山の平家一本桜です!

ワタシが観れたのは、まだ満開にはあとわずかというところの7分咲き!
ちょうどその日は山川町の平家まつりの日で、お友達のA川さんに頼んで頂上まで車で連れて行ってもらいました!なんといってもワタシは山道の運転が超苦手。車が2台通り過ぎるのが難しそうな山道なのでワタシには到底ムリです~!

ブログ1平家桜   ブログ2平家一本桜

こちらがその平家一本桜!古めかしい茶褐色に感じるような不思議な色味の桜で、一風変った魅力があります!
樹齢250年の平家一門の神木といわれている一本桜です。
今から250年前というと江戸時代。壇ノ浦合戦から敗れて逃げてすぐに植えた桜ということではないですね。
この山から2キロほど平地に下りたところに要川公園がありますが、そこ要川の辺りが源平最後の激戦となったところだそうです。
この桜は平家落人のこの地に住んでいた子孫が植えた桜ということでしょうか??

ブログ3平家一本桜   ブログ4平家桜

樹形の姿形や花びらの色味など絵画的な美しさにおいては黒木町光善寺の枝垂桜が勝っていると思いますが、この桜には素朴な趣があります。

ブログ5平家桜   ブログ6平家桜

A川さんのおかげで、ようやく念願の平家桜を観ることができました!
天保古山の山頂にあり、周囲はみかん畑というロケーションも素晴らしいです。

ブログ7平家桜

素朴でありながら平家の滅びの美学のようなものも感じられる一本桜。
この地域の方にとっては、なんともいえない桜でしょうね~。

ブログ8平家桜   ブログ9平家桜

桜の花は小ぶりで白っぽく、花のガクの部分が茶色っぽいので遠目では茶がかって見えるのかなと思いました!

ブログ10平家桜   ブログ11平家桜

周囲の風景と相まってすごく神秘的な雰囲気です。
この時は7分咲き。残念ながら満開とはいきませんでしたが、来年こそという楽しみができました!

さて、では桜といえば桜餅。
この日いただいたのは、道明寺桜餅とはまた違うもっとしっかりお米感のある餅米そのまんまな感じの桜餅です!!
これが道明寺粉の今年いただいた桜餅よりもすごーくおいしくて感激してしまいました!!
佐賀県三瀬村にある『創作餅工房 みつせ餅っ子』の桜餅です。
アスタラビスタ八女インター店に出張販売に来ているところを狙って購入しました!
おはぎと桜餅のセットで元々500円のところ(それでも安い!)なんと終了間際ということで300円!!
思わず、うそ~!!!と叫んでしまいました!2パック買えばよかったと後に後悔しています~。

ブログ1桜餅&おはぎ   ブログ1桜餅&おはぎ

こちらが桜餅!道明寺粉のようにねっとりしていなくて、お米の粒々がはっきりしています!
お米がたっているおいしさです!

ブログ2桜餅セット   ブログ3桜餅

波佐見焼の桜柄の煎茶碗に有田陶器市で買った桜柄のお皿をセットにしています。

ブログ6桜餅   ブログ5桜餅

中にはこし餡ではなく8割こし餡にちょっとつぶ餡が入ったタイプ。このあんこが最高においしくて、もち米の粒々感も最高で、今年ナンバーワンの桜餅ではないかと思ってしまいました!
『菓子処 きくや』の焼皮タイプの桜餅とどっちがおいしいかしら?と思ってしまうくらいです!
食べてしまった後に、また食べたいと思ってしまうほどのおいしさです!
桜葉の塩加減の絶妙で葉っぱもとても柔らかかったです。
桜葉をこれほどおいしいと思うこともないなあと感心しました。
次はいつ出張販売に来るのかしらと気になって気になって仕方ありません。
ということで、6月にはこの『創作餅工房 みつせ餅っ子』を探しに三瀬村まで行こうという計画を立ててしまいました。
その頃には桜餅はないと思いますが、他にもおいしいお菓子があるはず!
今年納得の桜餅が食べられて非常に満足しています!

スポンサーサイト

『さかえ屋』と『千鳥饅頭総本舗』の桜餅食べ比べ!と満開の要川公園の八重桜

さて、すっかり終わってしまった桜ですが、桜の季節のお菓子といえば桜餅!
今年も色んなお店の桜餅をいただきましたが、まずは道明寺桜餅の食べ比べをご紹介!

昔は近所に庶民的な和菓子屋さんがたくさんあって、気軽に食べられていた桜餅ですが、このところ桜の季節の期間限定のあまり食べられない貴重なお菓子となってしまいました。
3月の終わりに久留米にお出かけした際、偶然に側を通って見つけた『さかえ屋』
『さかえ屋』は1949年、飯塚市創業のお菓子店。
すくのかめやなんばん往来などのお菓子が有名で、八女や筑後市にも店舗があり、福岡ではとても身近なお菓子屋さんでした!
ところが、2015年にシャ○○ーゼに買収されてしまい、八女や筑後の店舗はなくなってしまいました~!!
八女の『さかえ屋』の店舗はイートインスペースもあって、喫茶としての利用も出来る貴重なお店だったのに、ここは現在シャ○○ーゼ』・・・。
うっすーい味のシャ○○ーゼのお菓子が元々好みでないワタシ。これ以上、近所にシャ○○ーゼばっかり増えなくても~と思っておりますし、やっぱり『さかえ屋』のほうがおいしかったのに~と残念がっているワタシです。

今回、偶然見つけた『さかえ屋』は国分店。久留米市には2軒しか残っていない貴重な『さかえ屋』のお店です。

ブログ1さかえ屋   ブログ2桜餅

なんばん往来や新商品なんばんサンドが目的で訪問しましたが、桜餅を発見!
『さかえ屋』の桜餅は初めてなので、これは非常に嬉しいです!
1個120円、3個340円とお手頃価格の桜餅です!
いつから販売だったか知りませんが、3月中頃から4月10日までは販売されているようです!

ブログ3桜餅セット   ブログ4桜餅セット

有田焼のフリーカップと同じく有田陶器市で購入した桜の絵柄の菓子皿にセットしていただきます!

ブログ5桜餅   ブログ6コーヒー

コーヒーとの相性もピッタリの桜餅!
滋賀県産羽二重餅使用の小豆こし餡入りのオーソドックスなタイプです。
あっさりめの桜餅で、なんとなーくお値段の安さとこの淡白な感じがシャ・・・・っぽくないかしら??
もう偏見でしかありませんが、これはこれでおいしかったです~!
これが買収されてなくて元々の『さかえ屋』だったら、さほど淡白と感じず、庶民的なおいしさ!とか思ったかも知れません・・・。
ワタシの味覚も当てにならず~です。
シャ・・・もここまで地方の隅々までコンビニのように全国展開せずに、久留米まで行かないと食べられないお店ぐらいだったら、もうちょっと貴重に感じるのですが。


そして、もう一軒は比較的最近食べた『千鳥饅頭総本舗』の桜餅!
こちらはゆめタウン八女店で購入!3月29日から4月7日までのわずかな期間、春の感謝祭限定キャンペーンで販売されていました!!
しかし、すごく人気のためかお昼頃訪れたらもう完売!!
2度目の訪問でようやくGETできました!!残り1個のみだったのでラッキーです!
桜シーズンはやはり桜のお菓子は人気のようです~!!

ブログ2千鳥屋桜もち   ブログ1千鳥屋 桜もち

こちらの桜餅は2個入りで300円。わりとお得です!

ブログ2桜餅   ブログ3桜餅セット

やはり九州では基本の道明寺桜餅のタイプ!
桜の花の塩漬けが乗っている豪華なバージョンです!
これもコーヒーと合わせていただきます。

ブログ4桜餅   ブログ5コーヒー

こちらは有田焼弥左衛門窯の桜のカップ&ソーサーに唐津焼隆太窯の菓子皿にセットしています!とっても正統派な組み合わせになりました。

ブログ6桜餅
   もっちりした正統派の道明寺桜餅。
   さすが『千鳥饅頭総本舗』!
   中には滑らかなこし餡入り。
   とてもおいしくて上品です!

ですが、ワタシが求めている道明寺桜餅はこれではないんです!
『千鳥饅頭総本舗』はぼた餅のおいしさが際立っていました!⇒今年の『千鳥饅頭総本舗』のぼた餅
自分好みの道明寺桜餅を求めて、桜餅がいただける間は探し求めることにします!!
2店舗ともおいしかったことは間違いなかったのですが、もう少しお米の粒々感が強くて、桜葉がじとっとしないタイプを探してみます~!!

ここからは今年4月の初旬、もうソメイヨシノが終わりかけの頃に観た八重桜のご紹介!
こちらはちょうど満開でとても美しかったです!!
みやま市山川町の要川公園の八重桜です!!

ブログ1要川公園の桜   ブログ2要川公園の桜
ブログ3要川公園の桜   ブログ4八重桜

この可愛らしさ!桜餅の雰囲気があります♪

ブログ5八重桜   ブログ6八重桜
ブログ7八重桜   ブログ8八重桜
ブログ9八重桜   ブログ10八重桜

要川公園は壇ノ浦から逃れてきた平家の残党と、追撃する源氏方の最後の決戦の舞台だと伝えられています。辺りは血の海になったとの伝承もあり、こんなに可憐な八重桜が咲くイメージとは相反しますね~!
この日は日曜日。最後の花見を堪能する家族の姿も多く、夕暮れ時もすごく賑わっていました!

ブログ11八重桜   ブログ12八重桜
ブログ13八重桜   ブログ14八重桜
ブログ15八重桜
   ソメイヨシノのもわもわっとした
   霞むような美しさとは
   また趣の異なる八重桜。

こうしてブログにしてみると、ワタシも散々と桜の季節を満喫しているな~と感心しました!
この附近にある天保古山の平家一本桜も幸いにも観ることができました!
次回は念願叶って観る事ができた天保古山の平家桜をご紹介します!!

雛の里・八女ぼんぼりまつり&『喫茶 華暖(かのん)』でのオムライス

八女市の雛の里・八女ぼんぼりまつりに今年もなんとか終了間際に行って来ました!
これで今年はなんとか、ひなの国 九州のお雛祭りイベントに飯塚、柳川、八女と3箇所は行くことができました!
例年はこれに佐賀と吉井、それからできれば日田までと6箇所は頑張って巡れるお雛まつり!
今年はなんとなく忙しくて、近場の2箇所と飯塚がやっとでした~(涙)
八女、柳川の関しては、ほぼ庭と言ってもいい距離なので、1日で2箇所も可能なのになんとなく今年は気分的にお出かけする余裕がないワタシです~!

ということで、本当にギリギリに訪れた八女のお雛祭りです。
平日だったので、特にイベントが行われている様子もなく古い町並みに箱雛が飾られているだけの状態です。
それでも、箱雛の飾られている様子を見られるのはこの時期だけ!やはり見ておかねば~!!

かつて造り酒屋だった旧木下家住宅、堺屋に飾られた箱雛を早速拝見!
明治39年(1908)に建設した商家の元邸宅です。

ブログ10堺屋   ブログ1堺屋

屋根を富士山に見立て、鷹と茄子の装飾が飾られているのはわかりますか?
このように様々な所まで工夫を凝らされた造りのお屋敷です。

ブログ2堺屋   ブログ3一富士二鷹三茄子

堺屋にもこのように明治、大正、昭和期の箱雛が飾られています。
このように黒い壁の床の間は商売が黒字にという意味が込められているそうです!

ブログ4館内   ブログ6館内

お部屋の中にも一富士、二鷹、三茄子が隠されているそうです!!富士はわかりやすいですよね!

ブログ7箱雛   ブログ8箱雛
ブログ9箱雛
   八女独特のお雛様である箱雛。
   箱雛は八女の商家が
   仏壇の職人に作らせたのが
   始まりだそうです!
   仏壇や提灯の装飾を使って
   作られた箱雛も昭和35年頃からは
   作られなくなったそうです。

我が家にも昔は結構立派なものがあったそうですが、祖母が庭で燃やしてしまったそうです・・・。
ですが、現在我が家にあるのは八女市の人形店、『井上本店』で購入したお雛様。
箱雛でこそありませんが、我が家の現在のお雛様もとても美しいですよ~♪⇒我が家の雛人形  

今回はここ堺屋のみ見学し、昨年オープンしたばかりという喫茶店へとランチに向かいます。
『喫茶 華暖(かのん)』へ!

八女は歩いて行ける範囲に沢山おいしいランチ処があるのですが、どこも人気過ぎて、さっさと終了してしまい食べられなくなってしまうことが多いんです~
実はこの日もそのパターン!3箇所くらいお断りされました・・・。
そこでオープンして間もないお店なら大丈夫かしらとここにやって来た次第です!

ブログ11華音   ブログ12店内

ラッキー!これならお昼にありつけそうです!
普通の喫茶店っぽいメニュー構成でオムライス、カレー、ナポリタンと昔なつかしい定番メニューばかり!!
しかも、ランチのお値段がとても安いです!なんとコーヒー付でこのお値段!!

ブログ13メニュー   ブログ14オムライス

華暖オムライス800円を注文しましたが、これにはサラダ、スープまで付いて来ます!
お得~!

ブログ15オムライス   ブログ16コーヒー

昔ながらの懐かしいお味のオムライスです!これがなかなかにおいしくて大満足!
コーヒーもちゃんとおいしかったです!
パンケーキやパフェ類などデザートメニューも豊富でした。
今度はデザートとコーヒーをいただきにやって来ようかなと思います。
しかし、色々とリピしないといけないお店も近場にあって忙しいですね・・・。

柳川市『自家焙煎珈琲廊 ゴンシャン』での絶品コーヒーと柳川雛祭り さげもんめぐりを堪能!

柳川雛祭り さげもんめぐりにお出かけし、今年も本場、柳川のさげもんをじっくり堪能して来ました!

そして最近ご無沙汰していた柳川市の老舗喫茶店『自家焙煎珈琲廊 ゴンシャン』にもお立ち寄りして、ここのおいしいコーヒーをしっかりといただいて来ました♪
『自家焙煎珈琲廊 ゴンシャン』は1973年創業の老舗喫茶店です!
この古めかしい雰囲気がたまりません!!

ブログ1ゴンシャン   ブログ2ゴンシャン

店内も相変わらず重厚でクラシック♪
音楽もクラシックが流れ、落ち着いた雰囲気で癒されます!
由布院の高級喫茶店にいるような気分になります~!!

ブログ3店内   ブログ4店内

この重厚なメニューボックスも健在です!
木箱を開けるとメニューが出てくるんですよ~♪オシャレですよね~!

ブログ5メニュー箱   ブログ6メニュー

メニューからワタシはコーヒーのブラジルサントス550円を注文。
それになんと100円追加すると手作りのおいしいプリンがいただけるんです!!
これはとってもお得ですし、そしてここのプリンがまたとても滑らかでおいしいんですよね~!

ブログ7メニュー   ブログ8プリン

コーヒーとプリンのセットで650円なんてありえません!!
それにも増しての、このオシャレで重厚な空間!本を片手に一人でやって来ましたが、ゆったり過ごせる空間としても貴重です!
もちろんプリンは相変わらずのおいしさです♪

ブログ9ブラジル   ブログ10ブレンド

そしてこのコーヒーのおいしいこと!!なんというか口当たりが柔らかいというか、とってもおいしくて感激してしまいました!!
あまりにおいしくて、違うコーヒーも飲んでみたくて、思わず追加注文!
200円で追加のコーヒーがいただけます!
今度はオリジナルブレンドをいただきました。
またこちらも違うおいしさ!改めて『ゴンシャン』のコーヒーのおいしさを認識してしまった次第です!
ブラジルがとてもおいしかったので、豆をお持ち帰りして、ケーキまで買って帰りました!!
これは、お休みの日、ちょこちょこ訪れないと勿体ない感じですね~。

最近、山鹿のMさんのコーヒー店『ロースターズカフェ 琥珀の刻』もご無沙汰気味。
おいしいコーヒーをいただくと、すごーく元気になるので、こちらも今月中にでも行ってみたいなあと思っています。


さて、それでは沖端へ、さげもん観賞に向かいます!
沖端の川べりには雛祭り期間らしく、さげもんが提げられていて柳川らしい雰囲気たっぷり!
沖端にある柳川市観光案内所の2階では雛祭り期間中さげもんが展示してあります。
ここで、さげもんとお雛様を観賞するのが一般的なコースです!

ブログ2沖の端さげもん   ブログ3さげもん飾り
ブログ5さげもん飾り   ブログ4さげもん飾り

やはり華やか!これこそ柳川のお雛祭りの真骨頂ですね!
このまま、てくてくお散歩して『北原白秋生家・記念館』へ!
こちらもお雛祭りの期間中、中には貴重なさげもんやお雛様が飾られています。

ブログ6白秋生家   ブログ8北島タエさんのさげもん

ここに入館した目的の一つがこのさげもん!
こちらも柳川伝承さげもんの大家である北島タエさんの貴重な作品です!

ブログ9北島タエさんのさげもん   ブログ10館内の雛飾り

古民家とお雛様、さげもんはとても相性が良いと思います。
古めかしい建物に赤やピンクの華やかな色彩がより映えて、趣が増すようです!

ブログ11北原白秋   ブログ12さげもん

『北原白秋生家』の各お部屋には、それぞれ雛飾りが飾られていますが、特にお座敷の雛飾りは圧巻です!!

ブログ13雛飾り   ブログ14雛飾り

竹ざおに提げられたたくさんのさげもんに中央には七段飾りのお雛様!そして巨大なごんたさん人形に這い人形の一対!
母が言うには、これが柳川の正式な飾り方だろうということでした!!
一般の家庭でこれはムリ~!!と思いますよね~!!
ですが、柳川の一般のご家庭で結構、このレベルの飾り付けのお宅は多いんですよ!
我が家もこれを目指して頑張ってみようと思っているところですが、とてもこのレベルに達するのは不可能ですね~
まずお雛様が七段飾りではありません。
それに飾り付けに片付けだけでも一苦労ですし、キャパもありません。

ブログ15雛飾り   ブログ16中庭

ということで、こうした正式なものは柳川でじっくり見せていただくことにします!
本当にキレイだなあとうっとりです!
八女のお雛様は八女でとても風情がありますが、柳川は改めて華やかな魅力がありますね!
これはやはり毎年、観に来なくては!!

この他にも旧戸島家住宅のお雛様やさげもんもすごく見事ですし、他にも見所がたくさんありますので、皆様もぜひぜひ古民家とお雛様とさげもんのコラボを観にいらしてくださいね!

ブログ18川下り   ブログ19川下り

さて、帰りに川下りの船のなんと船頭さんの橋越えの場面に遭遇しました!!
高齢気味の船頭さんでしたが、華麗なジャンプにビックリ!!
まるで忍者のようにヒラリと動かれる姿に外国人観光客も拍手喝采でした!
川下りもすごく楽しそう!
ワタシも久しぶりに川下りの船にも乗ってみたくなりました♪

柳川市『梅花堂越山』へ!和菓子おめでとうをいただきます♪

ちょうど柳川雛祭り さげもんめぐりの開催中に柳川へお出かけしました!
せっかく柳川へ来たなら、ぜひとも訪れたい『梅花堂越山』
立花藩御用菓子司として文久元年に創業した柳川を代表する老舗和菓子店です。
このさげもんめぐりの開催中、京町の本店には伝承さげもんの大家、北島タエさんの貴重なさげもんが飾られます!
昨年は訪れていなかったので、今年こそは拝見しておかねばと『梅花堂越山』本店を早速訪れました。

ブログ1越山   ブログ3さげもん

店内に飾られた伝承さげもんは以前観た時よりも少しだけ色褪せていて、それだけに年代が感じられます。
このさげもんに憧れて、母は現在も伝承さげもんを習っています。
その原点のなったさげもんなので、色あせて古めかしくはあるけれども、やはり愛おしく感じますね~。

ブログ2さげもん   ブログ4おめでとう

『梅花堂越山』といえば代表するお菓子は越山もちなのですが、ここでは雛祭りらしい和菓子をいただいて帰ります。
おめでとうというお赤飯のような和菓子を購入。1個なんと80円という安さです!


早速、自宅にて八女茶を淹れていただきます!

ブログ1おめでとうセット   ブログ2おめでとうセット

今回の器は波佐見焼の桜柄の煎茶碗に宮島焼川原厳栄堂の桜型の器を合わせています。
奥に見える可愛らしい瓶は柳川で買ったさげもんサイダー!これはまだ飲んでいません。

ブログ3おめでとう   ブログ4煎茶

一見すると、そのまんまお赤飯を思わせる外観ですが、お味は甘いそぼろ状の練り切りです。
それに小豆が入っていて食感もお赤飯っぽいです!
すごくお目出度いお菓子なので、ネーミングも“おめでとう”なんでしょうか!

ブログ5おめでとうセット   ブログ6おめでとう

なんと小倉の『湖月堂』にもこれと同じようなおめでとうというお菓子があるそうです!
『湖月堂』といえば栗饅頭ですが、食べ比べもかねて、小倉までおめでとうを求める旅に出てみたいと思いました!!

ほろっとして、もっちりしたとても80円とは思えない価値のある和菓子です!
ぜひぜひ、柳川に行かれた際は食べてみてくださいね~♪

Appendix

プロフィール

GUIHUA

Author:GUIHUA
器が大好き!!コーヒー、紅茶、日本茶と和菓子、洋菓子を組み合わせお家でにやにやしています。
自宅でのティータイムをご覧ください。

カテゴリ

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR