Latest Entries

星野村のお茶屋さん『木屋芳友園』の『茶房 星水庵』で八女茶&デザートを!

上陽町から52号線を通り、更に奥八女へ。星野村へと向かいます。
GWに星野村の『茶の文化館』へ行ったばかりのワタクシ。
そこで味わった玉露もおいしかったのですが、ワタシはどうも普通の煎茶が好みのようでして、この日はおいしい新茶の煎茶をいただきに、道すがら目に留まったオシャレな茶房へお立ち寄りします。

ブログ1茶房星水庵   ブログ2茶房星水庵

こちらは『木屋芳友園』というお茶屋さん。中には『茶房 星水庵』というお茶カフェが併設されていますが、営業時間は短く、午後4時半にはオーダーストップとなってしまいます。
それで前回、ここで残念ながらお茶することができませんでした。今回はリベンジ訪問です!

ブログ3茶房星水庵   ブログ4木屋芳友園

風格のあるお茶屋さんの佇まいです。
52号線沿いにも『茶の文化館』方面にもたくさんのお茶屋さんがあり、新茶の幟が風にはためいているのが、さすが茶処の風情。
どのお店もすごく風情があり、色々とお立ち寄りしたくなりますが、カフェを併設してくれていると立ち寄りやすいです!
とてもステキな店内で、なんとお茶の試飲コーナーまで設けてあるんです!!

ブログ4店内   ブログ6茶房店内

茶房は星野川のほとりにあり、奥のテラス席では川の景色を眺めることができます。

ブログ7店内   ブログ8店内

星野村とは思えないオサレ空間。でも都会ではこの広々した空間は味わえないと思います。
新緑の美しい景色が広がり、ここで新茶をいただけるとは、本当に贅沢です♪
ワタシ達はせっかくなのでカウンター席を陣取りました!

ブログ9カウンター   ブログ10メニュー

メニューをご覧下さい!!ビックリするくらいお安いでしょ??
訪れた日は折り良く、日曜日!土日のみいただける限定メニューの抹茶ロールケーキ(お茶つき)550円が目に留まり、そちらをいただくことにしました!!

どのメニューもすごーくおいしそうなので、かなり迷いましたが、平日のお休みに他のメニューはいただくとして、今回はこちらを!!

ブログ11抹茶ロールケーキセット
   これで550円とはありえない!!
   お茶はもちろん、さすがの星野村!
   レベルが違います!!
   それにこの濃厚な抹茶ロール!
 
おいしすぎる~。
  
ブログ12抹茶ロールケーキ   ブログ13お茶

抹茶をたっぷり使用した当店手作りのロールケーキとありますが、ほんとうに惜しげなく抹茶をたっぷり使ってあります!!
もちっとしてなめらかな独特の食感の生地と濃厚すぎる抹茶の味が絶妙にマッチ!中の生クリームの量が多めなんですが、抹茶の濃厚さの押さえになっていいバランスです!本当においしいです!!
さすがお茶屋さんのお茶なので、味わい深く、もう感動に近いおいしさです。

新茶の季節はお茶屋さんに直行!ですね!!

若い頃はお休みとなると福岡に直行していたんですが、このところ季節ものを楽しみたくて現地直行派になってしまいました。
ここ2週間ほど、八女、筑後、奥八女とお茶屋さんばかりうろうろしていて、お茶カフェ巡りばかりしています。
新茶の季節はもうやめられないです!
せっかく八女茶の産地に住んでいるんですから、そこでしか出来ない楽しみを追い求めなければ!!

しかも、ありえない価格で楽しめます!博多駅のくうてん内の甘味処『京はやしや』も先頃訪れたのですが、この『星水庵』の値段の3倍はしました!!お味はフツーにおいしかったです。
都会だから仕方ないのかも知れませんが、うーん。お茶系はやはり八女ですね~。


スポンサーサイト

またまた奥八女へ!ホタルと石橋の上陽町にて~『そば処 おおまがり』で蕎麦ランチ!

最近、八女市の中でも奥八女地方にがっつりはまりまくっているワタシ。
空気はいいし、景色はいいし、何と言っても茶処八女にあっても、かなりの高級茶の産地である奥八女地方。
車を30分ほど走らせると、緑豊かな山の風景が現れ、川の水も澄み、風光明媚な地域と一変します。
ちなみにワタクシの住んでいる地域は川の中流地域の平野部。

下流、中流の川と違い、上流の川の水は本当に冷たくてキレイです!
上流の川の流れを見に行くだけでも、なんとなく癒されるので、このところついつい足を運んでしまいます!

今回は星野村へ向かう途中にある上陽町へ。
蛍と石橋と銘茶が有名な町です。
上陽町には13もの石橋が現存し、中には熊本の石橋「通潤橋」を作った橋本勘五郎の手による橋もあります。

こちらは、とっても有名な二ツ目寄口橋。星野川にかかる美しい眼鏡橋です。

ブログ12石橋   ブログ13石橋

寄口橋は大正9年7月竣工の二連式のアーチ橋です。
   
ブログ14石橋   ブログ15石橋  ブログ16寄口眼鏡橋   ブログ17寄口眼鏡橋

この橋はホタルと石橋の里公園に接し、また橋の袂にはホタルと石橋の館があります。
ここを拠点に石橋巡りをするのはとても便利です!しかし、この日は石橋巡りはここ1つだけで終わりました。
この後は同じく上陽町のお蕎麦屋さんでランチをいただきます!

このまま上陽町商店街に出て52号線を星野川沿いに走ると川べりに現れるこちらのお蕎麦屋さんが今回のランチ会場です!
車で走っていても、めちゃめちゃ目立ちます!!『そば処おおまがり』というお蕎麦屋さんです!

ブログ1おおまがりそば   ブログ2おおまがりそば

星野川のすぐ側のお店なので、おいしいお蕎麦をいただきながら、清流を眺めることができます。

ブログ3清流   ブログ4清流

店内は山里らしい素朴な雰囲気。スッキリしていて落ち着きます。
窓からの眺めも素晴らしいですよ!

ブログ5店内   ブログ6店内
ブログ11そば語録
   このお店は女性の職人さんなんだ!!と
   店内に飾られた額を見てビックリ!!
   なんとなくお店の佇まいから
   男性かな?と思っていました!
   ですが、食べてみると女性的な
   優しさのあるおいしいお蕎麦で
   とても納得です!

ワタシ達がメニューから選んだのは、おすすめで一番人気だという干しタケノコ天蕎麦。
その冷たいバージョンであるおろしタケノコ天蕎麦800円を注文しました。

ブログ7メニュー   ブログ8干しタケノコ天蕎麦

この春はタケノコの天ぷらをたっぷり食べたワタシ。
大好物のタケノコの天ぷらですが、干しタケノコの天ぷらは食べたことがなく、すごく気になります!
こちらの干しタケノコ天は奥八女特産の干しタケノコを一晩かけて戻し、味付けしてさらに天ぷらにしたものだそうです。
すごく手がかかってますね~。

ブログ9干しタケノコ天蕎麦   ブログ10干しタケノコ天蕎麦

お蕎麦も素朴ながら優しい風合いで、お出汁は甘めでしっかりした味です。
おろし蕎麦との相性抜群です!!
しかし、何よりおいしいのが、この干しタケノコの天ぷら!!!
甘みが強くて、普通のタケノコの天ぷらのようにえぐみもなく、旨みたっぷり!!
あまりにおいしくて、一気にパクパク食べています。
冬にあたたかいお蕎麦とこの干しタケノコの天ぷらもおいしそう!
これは、また訪れなくてはいけませんね~。

GWに奥八女の黒木町にておいしいお蕎麦をいただいたばかりのワタシです!
やはり水のキレイなところにはおいしいお蕎麦屋さんが存在するということみたい。
このまま52号線沿いに星野村に進むと、そこにもおいしいお蕎麦屋さんがもう1軒あるので、蕎麦巡りするのも楽しそうです!

奥八女蕎麦巡り、お茶巡りとワタシの奥八女紀行はしばらく終わらないようです!

久留米市『有馬記念館』の『レストラン有馬』にて小笹弁当ランチを!

石橋文化センターのバラフェアの前にワタシ達はすっかりランチをすませていました。
久留米でのランチ会場に選んだところは、ほぼ1年ぶりとなる篠山町の久留米篠山城址内の『有馬記念館』に併設された『レストラン有馬』

久留米で雰囲気がよくて、お値段お手頃でどこかオススメのお店は?と聞かれたら、和食部門では穴場として、すぐにご紹介してしまうところがここです!
あ~知ってる。知ってる!と言われるところでは癪なので、え~!!というところで感心されるところと言ったら、ここしかないでしょう!!
茶事での利用が多く、お茶をされてある方達には有名らしいのですが、一般人にはほぼ知られていない『レストラン有馬』。
A子おばから紹介されて、ワタシもすっかり気に入ってしまい、お友達との集まりに利用したりもしています。

ブログ1有馬記念館   ブログ2レストラン

この日も予約を入れての来訪です!

ブログ3レストラン   ブログ4筑後川

とにかくここは眺望が素晴らしく、筑後川の眺めが窓から見渡せます。
菜の花の頃は川べりが一面黄色に染まってそれはキレイだそうです。

ブログ5筑後川   ブログ6お茶

ワタシ達はこの日は小笹弁当を注文。
このワンランク上に信玄弁当がありますが、この日はちょっと軽めの小笹弁当にしています。
1500円くらいとお手頃価格です。

ブログ7小笹弁当   ブログ8小笹弁当

最初に日本酒のサービスまでありますが、運転するワタシはいつもいただくことができません。
一口ぐらい欲しいなあとここでは思ってしまうのですが・・・。
梅酢でがまんです。

ブログ9小笹弁当   ブログ10小笹弁当

とにかく、ここのお料理は味付けが本当に上品でおいしく、いったい料理長さんは誰?とお尋ねしたくなるほど。
野菜の炊き合わせからお造りまで感心するくらいおいしいです。

ブログ11コーヒー   ブログ12コーヒー

最後にはコーヒーもしっかりついて大満足ですね~♪

お城の中でご飯が食べられる所というシチュエーションが大好きなワタシにとって、ここはもう最高です!
本当に穴場!

熊本城も地震の被害に遭う前は本丸御殿で豪華な熊本の郷土料理御膳がいただけました。
熊本城が早く元通りになってくれることを祈ります。
また建物の中でお食事がいただけるようになったら、すぐに訪れるつもりです。
お城でご飯がいただけるなんて、特別な気分になりますよね~!
やはりお城はその地域のシンボルです。たとえ城址でも残っていることが本当にありがたい!!

応援の意味でも、しばしば訪れなくては!と思います。

今年も行きました!石橋文化センター春のバラフェアへ!

バラの美しい季節です!
今年も毎年恒例の久留米市石橋文化センターの春のバラフェアに行ってきました!
石橋文化センターの広大な敷地内は四季折々の花々であふれ、どの季節に来てもとても美しいのですが、やはりこちらのメインの花はバラ!
春と秋のバラフェアは園内一斉にバラが咲き乱れ、それはもう圧巻なんです。
毎年この時期は母の従姉妹のA子おば達とお出かけしてバラ見物をします。
お天気は通り雨が降った後、からりと晴れました。
雨上がりなら、キレイかもということで早速ランチ後ふらりと訪れています。

石橋文化センターはバラだけでなく、こういった植栽もすごくステキです!

ブログ1石橋文化センター   ブログ2石橋文化センター

美術館前バラ園を眺めて香りのバラ園へと移動。

ブログ3バラフェア   ブログ4バラフェア
ブログ5バラ   ブログ6バラフェア

バラは雨に打ちひしがれて少し元気がありません。
しばらくバラを観賞した後、更に園内奥までお散歩し、この時期期間限定で公開されている坂本繁二郎旧アトリエを見学します。

ブログ15植栽  ブログ14石橋文化センター
   
筑後地域を代表する画家、坂本繁二郎のアトリエはもとは八女市にあったそうですが、1980年に石橋文化センター園内に移築したそうです。坂本繁二郎の代表作は殆どがこのアトリエで生まれたそうで、せっかくなので中も覗いてみます。

ブログ10坂本繁二郎アトリエ   ブログ12アトリエ

窓からの眺めはとても素晴らしくて絵になりますが、もともとここにアトリエがあったわけではないですね・・・。

ブログ13アトリエ内   ブログ7ナンジャモンジャの木

アトリエ附近にはナンジャモンジャの木があり、白い花が満開でとても爽やかな美しさです。
甘いバニラのような香りが漂って、離れられないほど!!白とグリーンの組み合わせは本当に爽やかですね~。

ブログ8ナンジャモンジャの木   ブログ9ナンジャモンジャの木

さて、ここから花しょうぶ池附近までぶらぶらお散歩。
池から眺めるレンガ造りの美術館もステキですが、ワイルドフラワー越しに見るレンガの建物もステキ!

ブログ16菖蒲池   ブログ17ワイルドフラワー

美術館1階のイベントも覗いてから、少しカフェで休憩することにしました!
園内のカフェ&ギャラリーショップ『楽水亭』です。

ブログ18楽水亭   ブログ21店内

ここは店内からの眺めも本当にステキで癒されるんですよ!

ブログ20店内   ブログ19店内

メニューのケーキセットもバラにちなんだケーキが豊富です。

ブログ22メニュー   ブログ23メニュー

ワタシはバラフェア限定ケーキ、ローズエンゼルのケーキセットにしています。お値段740円。

ブログ24ケーキセット   ブログ25ケーキセット

ドリンクはコーヒー、紅茶から選べますが、もちろんバラフェアなので、バラの花入りの紅茶にしました!
籃胎漆器のお盆で出されるところが久留米っぽくていいですね!

ブログ26ケーキ   ブログ27ケーキ

こちらのケーキの上にもバラの花びらがのっています!!
ホワイトチョコムースの中にカシスフランボワーズのジュレと生クリームが入ったおフランス~なムースケーキです。
なめらかなムースとカシスの酸味がたまりません!

ブログ28紅茶   ブログ29紅茶

紅茶もバラの花の香りがふんわり漂う花びら入り。
女子力上がりそうな(気分だけ)の花紅茶です♪

雨上がりのバラフェアもとっても雰囲気ありました!
最後に文化センターバラ園の切花のバラを見学♪

ブログ32黒バラ   ブログ30黒バラ

やはり大好きな黒バラに目が行ってしまいます!こちらはブラック・バッカラ!
我が家にも以前生存してたバラです。黒い花というのはどうしても弱くて、牡丹も黒色牡丹はすぐご臨終となってしまうんですよね~。

ブログ31バラとリング
   お約束のお手製ビーズリングと
   似たバラとの撮影会ですが、
   ペパーミントグリーンのバラは
   発見できませんでした。

同じグリーン系ということで、こちらと一緒に撮影しています。

バラに癒され、緑に癒されたバラフェアでした!!


GW奥八女紀行 ③星野村へ 『茶の文化館』でしずく茶を!『星の文化館』で太陽を!

さて、少し間が開きましたが、GWの近場散策紀の続きです。
奥八女、黒木町を散策した後、山越えして更に奥八女地方の星野村へ向かいます!!

星野村はその名の通り、美しい星空で有名な山村です。
昼間の明るい時に訪れるので星空を拝むわけにはいきませんが、こちらは星空だけでなく上質な玉露の産地でもあります。

星野村に入るとお茶屋さんがいたるところにあり、奥八女を代表する茶処なんだなあと感心するくらい新茶の文字が書かれた旗が風にひるがえっていました!!

緑豊かで絵に描いたような美しい山村の星野村です。
山道を車で登り、本日のメイン訪問先である『茶の文化館』に到着しました。
こちらは全国でも珍しい茶のテーマ館です。

ブログ1茶の文化館   ブログ2茶の文化館

館内中央の呈茶ホールでは、こちらの名物しずく茶を味わうことができます。
抹茶、紅茶などお茶メニューは色々ありますが、せっかく、ここまで来たなら、やはり星野の玉露であるしずく茶を味わうべきでしょう!!

ブログ3茶の文化館   ブログ4しずく茶

八女伝統本玉露しずく茶と案内カードにも記されています!

ブログ5しずく茶   ブログ6しずく茶
   
カードにはしずく茶の楽しみ方が記され、茶葉をほんの湿らせた程度のしずくをすするようにして飲むそうです。
したたり落ちるしずくをすする感じでしょうか?

こちらしずく茶セットは和菓子付きで500円です。

ブログ8しずく茶   ブログ9しずく茶

このように、本当に湿らせた程度です!
ワタシは貧乏性のせいか、普通の高級煎茶ぐらいが好みでして、最上級の玉露にまでなると、なんとなく生臭く感じてしまいます。
すごーくお湯で薄めたい・・・。

ブログ10しずく茶   ブログ7お菓子

2煎目、3煎目とお湯の量を増やして淹れ、お茶を楽しみます。
お菓子とは3煎目が相性がいいようです。
じわじわとお茶の味が薄くなる毎に変化していくのが面白いです。
ワタシも3煎目くらいの味が好みです。・・・いえ、本当は4煎目のやや出がらし系が好みかも・・。
最後は茶葉に酢醤油をかけていただきます。
おひたし感覚でいただけるのも面白いですが、玉露のおひたしなんて贅沢ですよね~。

こうしてお茶体験を満喫!

館内には立派なお茶室もあり、このお茶室から眺める星野村の棚田の風景がまた素晴らしいです。

ブログ14和室   ブログ15茶室

秋の彼岸花の季節に訪れたらどれだけステキでしょう!

ブログ12棚田   ブログ13眺め
ブログ11眺め
   茶室の窓からはこんな緑あふれる
   里山の風景が眺められます。
   この景色もご馳走ですね~

『茶の文化館』の後には、更に山を上り『星の文化館』へ向かいます。
こちらには九州最大の天体望遠鏡があり、天文指導員の方の案内で観望することができます!

ブログ16星の文化館   ブログ17星の文化館

館内にはプチホテルやカプセルホテルなどの宿泊施設もあり、泊りでゆっくり星空観測ができます。
すごく魅力的ですが、食事はどうするんだろう?と疑問。
ワタシは田舎の真っ暗な山道を下って食事して戻る勇気はありません。
中にはプラネタリウムもあり、天体マニアにはたまらない空間のようです。

早速、『星の文化館』の館長に案内していただき観測を!
こちらは九州最大の方ではなく口径65センチの反射望遠鏡。昼の部の観測用だそうです。

ブログ18天体望遠鏡   ブログ19天体望遠鏡
ブログ20天体望遠鏡   ブログ21眺め
   
金星が山の陰で見えないそうなので、太陽を観測しています。はっきりと赤い丸が見え、思わず感動!!
ですが、やっぱり星空観測をしてみたいですね~。
説明もすごーく面白くて、今度は泊りで来てみようかな~と思ってしまいました!
お弁当持って来て、部屋食か星空食も楽しいかもしれません。

ブログ22星の文化館   ブログ23星の文化館

館内にはこんなにステキな星のラウンジもあります。ここでお弁当食べるのもよさそうです!
山々の眺めもとても素晴らしく、ここでしばらくワタシ達は満喫しています。

ブログ25星の文化館   ブログ29眺め

ラウンジのお隣は天文ラボで宇宙に関する小さな資料館となっています。
月の満ち欠けの名称図が面白かったので、思わずパシャリ!
   
ブログ26星の文化館   ブログ27月の満ち欠け
ブログ28ドーム
   先ほど見た天体望遠鏡の
   ドームはこちらです。
   大きな九州最大の
   望遠鏡で星空を眺めたかったら
   夜にやって来るしかありません。

『茶の文化館』も『星の文化館』も今年の4月にリニューアルオープンしたばかり!
新しくてとってもキレイな施設で、なかなかに楽しめました。
星野村はとにかく星空が素晴らしいそうなので、一度は夜に訪れてみたいです。
そして今度は、お茶屋さんでお茶をいただいてみたいと思います!

奥八女紀行では黒木町と星野村の2箇所巡りとなりました!

Appendix

プロフィール

GUIHUA

Author:GUIHUA
器が大好き!!コーヒー、紅茶、日本茶と和菓子、洋菓子を組み合わせお家でにやにやしています。
自宅でのティータイムをご覧ください。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR