Latest Entries

今年も博多祇園山笠 飾り山笠巡り! ①博多駅⇒川端商店街⇒櫛田神社の飾り山笠観賞&『Ristorante Fantasista ( リストランテ ファンタジスタ)』でランチ

博多祇園山笠は2016年12月にユネスコ無形文化遺産に登録されました!!!
ということで、今年も張り切って山笠見物へとお出かけしましたが、もう7月15日で終わっています・・・。
いつも、後手後手の記事になってしまい、悲しい次第。
早めにご紹介しようと思いながら、ついつい記事がたまっていて、追われている状態なんです~。
もう今年は終了してしまった山笠ですが、思い出方々ご覧いただけましたら♪

さて、今年も追い山見物は出来ず、何年越しにも観たいなあと思っているのですが、なかなか仕事の都合もあり、観ることが出来ません。今年は早くからR地さんにお誘いを受けていたんですが、どうも休めない時期でして、お断りをしていました。

その代わり7月10日の流れ舁きくらいは行ってみようと、なんとか博多くんだりまでお出かけしました。
飾り山笠、走る山笠、この二つはせめて見ないと完全な厄払いをした気分にならないんですよね~。

まず博多駅に到着したら、一番最初に観る飾り山笠はこちら!!
《十七番山笠 博多駅商店街連合会》 表 【奇襲一ノ谷合戦】

ブログ1奇襲一ノ谷合戦   ブログ2奇襲一ノ谷合戦
ブログ3奇襲一ノ谷合戦   ブログ4奇襲一ノ谷合戦

左上に義経、右に弁慶、左下に平忠度、右下に平敦盛の人形の姿があります。
決戦の様子を表した豪華絢爛な飾り山笠です。
のっけから、すごい華やかさですが、何度も見ていると贅沢になり、もう確認作業のようになっているから気分的に寂しいです。
それを証拠に、もう見送りの山笠は写真撮ってもいません。
ワタシは武将系や歌舞伎を題材にした正統派な山笠が好きなので、表オンリー派なんです。
ちょっとくだけた見送りは、殆ど関心を示さないのですが、妖怪ウォッチだったら反応しそうです。

このまま100円バスに乗って山笠の本拠地である中州方面へ移動します。
この時期、楽しいのが水法被姿の男性陣を眺められること!
男の人が主役の祭りもいいなあと祭りの風情を思う存分楽しむことにします。

さて、ちょうどお昼時となったのでランチにいたしましょう!!
いつも中州界隈に来るとお立ち寄りしていた和食のお店がなくなって、早数年。
代わりのお気に入りを探そうと躍起になっています。探せば美味しいお店は色々ありますが、ワタシはしつこい性格でやっぱり『博多 吉一』が一番!となってしまうんですよね~。
もうそんなら和食は辞めてイタリアンにでもしよう!と選んだお店がこちら!!

店屋町にあるイタリア料理店『Ristorante Fantasista ( リストランテ ファンタジスタ)』です。
100円バスで通りかかるたびに気になっていたお店です。お魚のマークが可愛らしくて、おいしいに違いないと当たりをつけていました!

ブログ5ファンタジスタ   ブログ7リストランテ ファンタジスタ
ブログ6ファンタジスタ   ブログ8店内

中に入るとお店はかなりカジュアルな感じで一人でも気軽にふらっと入れます。

ブログ9店内   ブログ10メニュー

メニューを拝見。
どれ。意外とお値段お安くてビックリです!!
ランチコースはなんと1000円からいただけるというからビックリ!ワタシはPranzoA+ジェラートコース1200円にしました!
パスタは4種類の中から選べます。どれもおいしそうで、とっても迷います。

まずアンティパスト・ミスト(前菜の盛り合わせ)とパン

ブログ11アンティパスト・ミスト   ブログ12パン

キッシュはオイルサーディンとじゃがいものキッシュ。それにカポナータなど。
とってもおいしくて大満足です!
パンはフォカッチャですが、オリーブオイルをつけてくれたら、より嬉しかったです。

ブログ13玄界灘産ヤリイカとニラの白ワイン風味のパスタ   ブログ14パスタ

そしてパスタは玄界灘産ヤリイカとニラの白ワイン風味のパスタ。
ニラ?とびっくりしましたが、白ワインの風味とニラが意外と合うんです~。
イカももちろんおいしいし、これも大満足の一品でした。

ブログ15ラムレーズンのジェラート   ブログ16ラムレーズンのジェラート

そしてラムレーズンのジェラートです♪これ本当においしいですよ!プラス200円でこのデザートがつくならつけるべきです。

ブログ17コーヒー   ブログ18朝顔のリング

最後にコーヒーがついて1200円はビックリ価格と言っていいかも!!
これはまたリピしたいなあと思いました。
夏のランチ記念に朝顔の手作りリングと一緒にパチリです。

さて、ここから川端商店街をひたすら歩き飾り山笠を観賞します。
商店街を入ってすぐに見えてきました!!

《十番山笠 川端中央街》 表 【おんな城主直虎】

ブログ19川端中央街   ブログ20おんな城主直虎

毎年定番のNHK大河ドラマバージョンです!!
これも楽しみなんですよね~

ブログ21おんな城主直虎   ブログ22おんな城主直虎

中央に直虎と右上に今川義元、左上は井伊直親、そして下段左は井伊直政になっています。
こちらは本当に豪華絢爛で華やかな飾り山笠。
馬に跨る直虎に姿が圧巻です!


ここから更に櫛田神社方面に商店街を歩くと第2の飾り山笠が現れます!!

《八番山笠 上川端通》 表 【決戦倶利加羅峠】

ブログ25決戦倶利加羅峠   ブログ26決戦倶利加羅峠
ブログ27決戦倶利加羅峠
   こちらも源平合戦の様子です。
   木曽義仲の平家討伐が題材と
   なっています。
   木曽義仲の戦略で
   数100頭の牛を集め、
   牛の角に松明を
   括りつけ、平家方へ放った様子
   を描いた飾り山笠です。

この牛が大迫力です!ここの飾り山笠は唯一の走る山笠です。この牛が動く姿は圧巻でしょうね~。

そして見送りに興味がないワタクシが唯一興味を示した見送りです!
今回話題となった標題は 見送り 【スター・ウォーズ 最後のジェダイ】
先ほどの牛の反対側がこのスター・ウォーズです!!

ブログ23スター・ウォーズ   ブログ24スター・ウォーズ最後のジェダイ

R2D2、3PDO などのおなじみのキャラの姿もありました。
これは本当に大人気のようで多くの人が撮影していて、なかなかワタシも写せない状態。
ベストショットとはいきませんでしたが、まあ仕方ない。

そして、ようやく櫛田神社に到着です。
先ずは、ここで参拝しなくては何も始まりません。

ブログ28櫛田神社   ブログ29櫛田神社

博多の総鎮守であり、最後に山笠は櫛田入りをすることからも、ここが山笠の本拠地。
境内には、この季節にふさわしく、櫛田神社の神紋でもある桔梗が植えられています。

ブログ30博多総鎮守   ブログ31桔梗
  
さてさて、またこれからじっくりと飾り山笠を見て回ることとします。
では、また次回~

スポンサーサイト

鹿島市『観光酒蔵 肥前屋(峰松酒造場・光武酒造場)』で魔界への誘い 芋焼酎ケーキを!!

さてさて、今回の鹿島でのおみやげはと言いますと!
フツウにお酒に強い方なら肥前浜宿に来て、日本酒や焼酎を買わずに帰るなんてありえないでしょう!
かく言うワタクシも下戸のくせに鍋島を抱えて帰りましたし・・・。
しかし、やはり甘いものを買わないというのはワタクシには出来ません!!
『観光酒蔵 肥前屋』にお立ち寄りしても、ついつい酒ではなく、おやつを探すワタシがいます!

ブログ1観光酒蔵肥前屋   ブログ2観光酒蔵肥前屋
ブログ3芋焼酎ケーキ   しっかり発見しました!!
   こちらは芋焼酎ケーキです!
   この酒蔵通りにある蔵元
   『光武酒造場』の代表的な芋焼酎
   魔界への誘いをたっぷり使った
   芋焼酎ケーキ!!
   実は前回訪れた時から気になって
   今度来たら買ってみよう!
   と思っていたのです!!

早速、芋焼酎ケーキを1本お買い上げ~!!1143円となかなかお買い得♪

早速、旅から帰ったワタクシはこちらをいただきます♪

ブログ1芋焼酎ケーキ   ブログ2芋焼酎ケーキ

えっ!焼酎買ってきたの~!!と下戸一家は非常に困惑気味。 
日本酒なら、まだいいけど、焼酎はね・・・。という反応です。
これ見たらそう思われるのも無理からぬ。

ブログ3芋焼酎ケーキ   ブログ4ケーキセット

ですが、実は焼酎ケーキ!!と箱から開けると皆、興味津々。
しかし、箱から開けただけで焼酎の香りが強烈にぷーん!!!すごくおいしそうですが、強そうです。
ゴージャスな気分に浸りたくて、和食器にセッティングしました。コーヒーを淹れています♪
今回のセットはケーキ皿は波佐見焼石丸陶芸のものです。
そしてコーヒーカップは有田焼弥左エ門窯を使用。
絢爛豪華な和セットになりました!焼酎ケーキをイメージするとこうかな~と♪

ブログ5ケーキセット   ブログ6ケーキセット
ブログ7ケーキ   ブログ8ケーキ

一口いただくと、これは、かなり強いです!!
しかしケーキの生地がしっとりとして、焼酎の濃厚さと非常にマッチし、本当においしい!
お酒と思うとダメなんですが、ケーキになるとなぜかOKになる不思議なワタシの家族達。
ブランデーケーキも日本酒ケーキも基本OKなんですよね~。

・・・しかし、これかなり強いです。
ワタシは下戸っぷりが半端ありません。おいしくて、ついつい数切れ食べていたら、ふら~としてきました!!!
この後、運転はとてもムリではないかと!!

3月に鹿島に行った時に地元のケーキ屋さん『ピュイ・ダムール』で鹿島酒蔵ツーリズムゼリーというものを買いました。
そのゼリーも結構なアルコール度数とのことでしたが、このケーキほどではないです!
これは、お酒がダメな人には本当にムリなのでは?と思うほどです。
ですが、生地のしっとり感とこのおいしさは、なかなかないのでは?というほどなので、また食べたいな~と思っています。
ワタシは数日、晩酌代わりにこのケーキを楽しんでいい気分になっていました!♪

お酒好きの方のおみやげにもいいかもです♪

鹿島&太良 有明海干潟の旅 ④鹿島に戻りランチタイム『一丁一心』の絶品豆腐料理を!

太良町から鹿島へ向かい、また道の駅鹿島にお立ち寄りしました。
ここで、有明海のお魚等を購入してクーラーボックスにつめ、帰路に着きます。
そして、ここからまた一面の干潟を見納めに眺めようと、二人で海岸べりに立ちました。

ブログ1有明海   ブログ2有明海

残念ながら満潮です。
干潟の干の字もない状態。普通の有明海になりました。
このように干満の差が激しい有明海です。海の様子はがらりと変化し、あまりの変化にビックリしました!

さて、鹿島の町中へ移動し、いよいよお昼ご飯をいただきます。
今回のランチのお店はワタシが前から行きたかったお食事処です!
福岡市西中洲に姉妹店がある有名な三原食品という豆腐店が運営するお店です。
西中洲のお店はかなりの人気店で、噂もちらほら聞いていただけに、この本店には今回どうしても行きたくて行きたくて、ほぼワタシのごり押しでやって来ました!
『一丁一心』という名前のモダンな外観のお店です。
鹿島駅からほど近い所にありますが、ワタシの車のナビがなかなか案内してくれなくて、ようやくたどり着いてへとへと状態です。

ブログ3一丁一心   ブログ4一丁一心

店内もお客さんはかなり多く、ワタシ達はカウンター席に案内されました。(少なくなってから撮影しています。)

ブログ5店内   ブログ6店内

カウンターには鹿島の地酒も並び、ここで日本酒を楽しむこともできるようで!
でもワタシは下戸プラス運転手です。
   
ブログ7カウンター   ブログ8メニュー

メニューから、さすがにお腹はまだいっぱいのワタシ達は冷やしうどん膳1080円に決定!お得なランチセットです。

ブログ9豆腐   ブログ10冷やしうどん膳

まずは、お豆腐!出来たてのお豆腐はおかわり自由だそうです♪
うま~!!!とらけるような、なめらかさで、ビックリ!!
ついつい3回もおかわりに行きました!!これ自宅に買って帰りたい!!
もう豆腐と御飯だけでいいかも知れません。

と言っていたら、御膳が来ました。
こちらが冷やしうどん膳。

ブログ11冷やしうどん   ブログ12おかず色々

島原の江越製麺所の極細麺を使用している豆乳ダシの極細うどん。
極細なのでつるつる~と入ってお出汁もすごくおいしいです。
豆腐同様とってもなめらかなうどんです。
これにかき揚げと野菜天ぷら、小鉢2~3品ついているから、かなり豪華!
出汁巻きもとてもおいしいし、天ぷらもさくさくで、このおうどんにすごく合います!
I田さんが朝食の豆腐と味が全然違う・・・。とつぶやきました。まさにその通り。
比べちゃダメでしょ。
とにかく、一品一品すごーくおいしいですが、豆腐がやはり最高にうまい!
かなりのボリュームでお腹一杯になります。

そして食後の楽しみにプラス150円で生チョコ&ミニ珈琲を付けました!

ブログ13豆腐チョコとコーヒー   ブログ14豆腐チョコ

この豆腐入りの生チョコもとってもおいしくて、食後のデザートに大満足です♪
これが噂の三原豆腐か!!と感激です!

これはここに来るため、わざわざ鹿島を訪れるのもいいかなと思ったくらい。
当然、おみやげの生わさびとここのお豆腐は家族からも非常に喜ばれました。

竹崎では蟹を食べ、ここではおいしいお豆腐をいただき、グルメも充分楽しんだ今回の旅でした♪
色々あったとは言え、やはりお得な旅で、久しぶりのI田さんとのおしゃべりもつきない面白さでした!!

鹿島&太良 有明海干潟の旅 ③太良町で竹崎城址展望台散策と『わさび苑多良岳』のわさびアイス♪

結局はキャンセル料とやらを請求されることもなく、無事にチェックアウトできた『鶴のおやど 鶴荘』です。
というか、キャンセルは早めにしておいたのに、一体どうなっているのやらと疑問だけのもやもや~が残りながら宿をでます。
じゃらんに問い合わせてみたいくらいですが、多分、単純に『鶴荘』の間違いだろうと思います。
間違ってもいいから(いや、困る)、ちゃんとどういうことなのか報告はして欲しい・・・。ですが、結局最後までハラハラさせといて、放置プレイで終わりました。
これサービス業としてどうなんだ?と思いますが、多分もう行かないからいいや。

前回の印象が良かっただけに(いえ。決して良くはありませんが、食事はとてもおいしかった)今回すごく残念でした。
こんな対応繰り返していたら、クレームもすごいだろうなあと思います。
『ホテルニューオータニ』の支店だったりして?と少し似たものを感じながらも、格安で泊れたから~まあいっかです♪
でも絶対まともに支払っては泊りたくないなあ。

と今回の印象はかなり劣化してしまいました。
しかし、蟹は非常に美味です!!半額で蟹を食べに来ることだけを楽しみにするなら、とてもいいかも!

さてさて、チェックアウト後は前回と同じコースで竹崎城址展望台へ移動します。
模擬天守ですが、I田さんは、かなり喜んでいる様子です。

ブログ2竹崎城址展望台   ブログ1竹崎城址展望台

以前来た時は3月だったので一面の菜の花がとてもキレイでした。
今はどんより雲のあまりいいお天気ではありませんが、それなりの風情があります。

ブログ3展望台から   ブログ4展望台から

展望台からは宿泊していた旅館街が眺められるのが嬉しいです!さっきはここにいたんだなあと確認するのがお約束です。
そして、また有明海を眺めます。

ブログ5展望台から   ブログ6散策ロード

展望台から下には海に降りていけるお散歩ロードもあり、紫陽花を眺めながら海岸まで下って歩きます。

ブログ7海岸べり   ブログ8海岸べり

おしゃべりしながら、海岸べりも少し散策しました。
しゃべり続けていると、気付いたら、かなり歩いていたという・・・。戻るのも一苦労です。

さて、ここからI田さん、たっての希望だった『わさび苑多良岳』という観光わさび農園へ向かいます。
一気に海沿いから、多良岳方面へと車を走らせますが、小さな町なのでそんなに距離はなく、あっという間に到着です。

ブログ9わさび苑   ブログ10水車

栽培されている山葵を見ることもできますが、シーズンではないのか収穫後なのか、そんなに山葵は目立っていませんでした。
なので、さらっと流して、売店でお買い物タイム。
しっかり、ここで山葵を1本購入し、色々な調理法を試しながら、かなり楽しんだ山葵料理です。
とても重宝したので、今度太良方面に行った時はまた買って来たいなあと思っています!
すでにご紹介した山葵のお料理はこちら⇒

さてさて、ワタシ達二人はこの『わさび苑』でデザートタイムを楽しむことに!
なんと、わさびアイスが販売されていました!!

ブログ11わさびアイス   ブログ12わさびアイス

かなりつんと効く~!!山葵のみじん切りがごろごろ入っています!!
でも、さっぱり、すっきりして夏にはとてもおいしいです。
かなりやみつきになりそう~♪くせになるおいしさです。

こちらは1個300円ぐらいだったかな?
ワタシとI田さんは辛味ハードタイプを選んだので本当にききます!!
苦手な方はソフトタイプもあるので、そちらで一度お試ししてください!!

太良町は干潟だけでなく、多良岳方面にも見所があるようで、今度またじっくり訪れたいなあと思いました。

鹿島&太良 有明海干潟の旅 ②またまた、たら竹崎温泉『鶴のお宿 鶴荘』竹崎蟹をいただきます♪

鹿島から国道207号線を諫早方面に走り、道の駅太良にお立ち寄りします。
ここは前回、お食事の味噌汁が冷えていて、(夏ならよかった)ちょっとがっかりしたのですが、道の駅の野菜や果物、海産物は見ているだけで楽しいです♪
そして前回は気付かなかったのですが、敷地内に有明海を眺める展望台もあり、ここからも干潟を眺めることにします。

ブログ3太良干潟
   こちらが展望台からの干潟。
   蟹、牡蠣が特産というのが
   わかる展望ボードです。
   目の前がちょうど大牟田市!
   右手に雲仙普賢岳!
   左手が佐賀空港という立地です。

7月の最初に大牟田市を訪れ、三池港からこちら側を眺めていたことを思い出し、感慨深くなってきました。

ブログ1太良干潟   ブログ2太良干潟

このように干潮で干潟の広がる様子が、じっくり眺められます。

このまま車を走らせ、たら竹崎温泉に到着です!
お宿は『鶴のお宿 鶴荘』です。民宿か?と言いたくなるような外観、内装であくまで女子向きではありません。ということは口がすっぱくなるほど、I田さんにも言っているので、期待は一切ないようです。

ブログ4鶴荘   ブログ5鶴荘

むしろ思ったよりマシ?と思ってくれているのか、この安宿風のお部屋にもそれほど不満は申してらっしゃらない様子でした。
まあこの値段ですからね~。

ブログ7部屋   ブログ8干潟の眺め

干潮真っ只中なので窓からの眺めの干潟状態です。これはこれで独特の風情と言えるでしょう。

ブログ6干潟
   チェックイン後、前回来た時同様、
   はて?と思えるような
   対応はあったものの
   ここまでは、それほど不満なさそうな
   I田さんの様子にほっ。

ところが・・・です。
え???!という出来事が起こりました。
お部屋で、これからお風呂にでも行こうかな~と準備している時に、突然I田さんの携帯に電話がなりました。

実は、ワタシ達は最初じゃらんのプランで普通にこちらを予約していました。(予約を入れてくれたのはI田さん)
キャンセル料は宿泊当日の2日前まではかからないということだったので、偶然、ここの半額券が出発の7日ほど前に当選し、あわてて予約していたI田さんに連絡を入れて、じゃらんの予約を取り消してもらいました。
という諸々のいきさつはありましたが、運よくダブルブッキングも解消し、晴れて最初に予約したプランの半額で泊れるようになったワタシ達!
なんの疑問もなかったのですが、少しI田さんだけは玄関のところで???と気付いていたそうです。
ここには最初、I田さんが予約していて、その後キャンセルしてもらい、ワタシが半額で予約を入れてというややこしいパターンになっています。
旅館の入口に歓迎○○様の黒い木の札が立っているのですが、この日ちゃんとGUIHUA様があるのを確認。
そしてなんとI田様のもあったというそうです。ワタシが気付かなかったのも無理もなく、I多様と一文字間違えて書かれてあったそうで・・・。(それも失礼だな~)
これを見てI田さんは、?まさかね~と思っていたとか。
まさかね的中で電話は先ほどチェックインの時に対応した女将らしきおばさんの声。
まだお見えでないようですが、何時ごろ到着ですか?との問い合わせ!!(というかワタシ達の声でわからないかな)
えっ!先ほどチェックインしたGUIHUAがワタシ達で、じゃらんの予約は1週間ほど前にキャンセルしているはずですが・・・??!
・・・!お調べします。ガチャン。
ツーツーツー。
・・・うそでしょ!!!!
3月に宿泊した時も、あれで食事がおいしくなかったら、なんなの~と言いたくなるような対応がありました。
食事がおいしかったから帳消しになって、また来よう!と思ったのですが、もうI田さんは、べちゃーとなっています。
ひえ~。どういうこと・・・。
ちゃんとキャンセルしたよ~。とI田さん。
あの、おばちゃん絶対、キャンセルのチェックとかしてないんだよ~。なんなの~。
と二人で気分はべちゃ~。
絶対、あっちが間違っているから、後ですみませんの電話とかあるんじゃない?
いや、多分放置プレイだと思う。とI田さん。
もう、ほっとこう!と二人でわりきってお風呂に行きました。
こんな気分になると、少しも楽しめなくなります。
キャンセルしてないと言い張られて、まさか、じゃらん分の料金まで支払わされたりして・・・。
お風呂も前回はすごく良かったと思いましたが、アメニティ不足どころか、以前一応あった化粧水までなくなっていて、要するにドライヤー以外何一つなくなっていました。民宿レベルと思っていただければ・・・。
今回も、お値段は民宿レベルで泊るので、別にワタシはそこはどうでもいいのですが、これでじゃらん分まで払わされたら割りにあいません。
あっ!蛇口が壊れてる・・・。中国チック・・・。とかチェックも非常に厳しくなりました。

部屋に戻ると先ほどの女将から電話がまたあり、何事もなかったようにお食事の準備が出来ました~とだけ。
キャンセルの件、失礼しましたとか一言もないです!!
なんなの~。
もう知るか!となって、食事会場へ向かいました。

こんな気分だと食事にも高揚感はなく、二人とも・・・。
当然、評価も辛口に。

ブログ9前菜バイキング   ブログ10魚のフライ
ブログ11お刺身   ブログ12前菜バイキングから

あれほど、前回おいしく感じた前菜バイキング。
フツウに思えるのが不思議。
気分ってすごく大切ですね~。
ただ、あの時の料理長さん休みなのかなと思えるほど、味付けが微妙に違うように感じます。
これは気分なのか、本当に料理長さんお休みなのか。
おいしいことはおいしいです。

しかし、お刺身は3月はバイキングではなく、ちゃんと持って来てくれました。
バイキングになると鮮度がどうしても落ちるようで、以前の時はわーここのお刺身おいしい!!とビックリするほどだったんです。
お刺身まで手がかからないようにバイキングにするところをみると、誰か休みなのは間違いないかも!

以前のお料理の様子をご覧下さい!⇒鶴荘

エソのフライは前回同様おいしいのですが、前回の感動は今回薄いです。
お刺身も同様。

ブログ13刺身   ブログ14竹崎蟹

しかし、嬉しかったのは竹崎蟹。
じゃらんの分まで払わされないなら、6500円でこの蟹がいただけるのは嬉しいです。

ブログ15竹崎蟹   ブログ16竹崎蟹

濃厚です!二人でもくもくと蟹をひたすら食べるばかり。
渡り蟹は指が臭くなってしまうほど、蟹の旨みがぎっしりつまって、蟹の身のおいしさは他の蟹より濃いのでは!と思えるほど。
これで、あの変な対応がなければ満足感、お得感ともに強いのですが・・・。

というか、一言もすみませんとあやまりに来られないのがスゴイです。
もしかして、あちらはキャンセルしてないじゃんとか思ってたりして・・・。
とてもパソコンとか出来なさそうなおばさんだったので、予約チェックする人が休みの場合、宙に浮くのかも知れないです。
怖い・・・。

ブログ17蓮根饅頭   ブログ20豆乳鍋

蓮根の揚げ餡かけです。
これでワタシは確信!絶対、料理長休みに違いない!
前回もこのお料理は出たのですが、以前あんなにおいしくて味付けが絶妙だったのに、今回、醤油辛いような気がする。
前回は上に薄く切った揚げた蓮根ものっかって、造りがとても丁寧でした。
すごく今回は料理が雑のような気がします。
鍋もしかり。
同じ豆乳鍋ですが、3月だから牡蠣が入っていたものの、旨みが今回すごく少ない。
3月に来た時と比べて明らかにお料理が雑になっているような!!
なぜ?ということから、勝手に料理長休み!と結論づけました。

ブログ18天ぷら   ブログ19天ぷら

天ぷらも勢いがないというか・・・。
前回食べた時も、一流料亭のようなカリカリ、サクサクの上品な天ぷらとは思いませんでしたが、素材のおいしさが勝った勢いを感じました。
今回それが感じられず、どうしたんだろう?という感じ。
ワタシがここは料理が最高!と口をすっぱくしてI田さんに言ってたのに、疑われてしまうではないか!!
うーん。どうしたんだろう。

ブログ21御飯、吸物   ブログ22漬物

このお吸物で、あれれ~です。
前回、あれほどお腹一杯ながら、このお吸物を一口いただいて、すごいこのお味!と思ったお吸物がうっすーい。
料理長さん辞めちゃったとかないよね??
このべらーんとしているのはお漬物。前回はなかったような。

本当においしくて最高と思ったのは蟹だけかな~。
他のお料理はもちろん、おいしいのはおいしいですが前回のレベルではありませんでした。
特にお吸物は全く味が違いました。

ブログ24抹茶プリン
   デザートも以前がやはりおいしかった。
   全体的に質が落ちたのか
   たまたまなのか
   わかりませんが、あの3月の感動は
   とにかくありません。
   キャンセル騒動を差し引いても
   あの時のレベルのお料理の味では
   ないだろうと思います。

結局、キャンセルに関しての確認後の報告はなく、なんなんだろうという感じでした。

一応、翌朝の朝ご飯も紹介しておきます。

ブログ2朝食   ブログ3朝食

やはり3月と比べて雑のような。

ブログ4玉子焼き   ブログ5蟹味噌汁

全体的にやはり質が落ちているのを確信。
一定のレベルを保つのって本当に難しいんですね。
家に帰って、蟹は確かにおいしかったけど、あの3月の奇跡のようにおいしかったお料理ではなかったと家族に報告。
絶対、料理長さんが休みだったんだよ~と家族中でそういうことに結論付けられました。(笑)
本当のところはわかりませんが、お料理がおいしいからこそ、あの対応でもまあいいか!となるのですが・・・。
まともなお値段を払って行きたいとは思うかな?と少し思います。
半額券だったら、とってもお得です!!

以前のお料理の質だからこそ、じゃらんでフツウに支払ってでも行こうと思ったんですけど~。
結局チェックアウトの時も、何も言われず、何もなかったことになりました。
この対応の話も、ここならさもありなん。と家族も納得でした。
これで、更に支払わされたら、切れるだろうなあと思います。

あの3月のお料理は奇跡のようにおいしくて、ビックリするほどでした。
あのおいしさをI田さんい味わってもらいたかったのですが、違うビックリを味合わせてしまいました。
あの時は本当に奇跡のおいしさで、もうあの味はあの時だけの貴重なもので二度と味わえないのかも知れません。
あの時のおいしさに感謝です。

Appendix

プロフィール

GUIHUA

Author:GUIHUA
器が大好き!!コーヒー、紅茶、日本茶と和菓子、洋菓子を組み合わせお家でにやにやしています。
自宅でのティータイムをご覧ください。

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR