fc2ブログ

Latest Entries

嬉野温泉街を再びぶらぶら!湯宿広場蒸し湯で療養&豊玉姫神社へ2度目の参拝&『佐嘉平川屋』で平川屋パフェへ!

チェックアウト後に、少し股関節の痛みが和らいだため、町並み散策に出かけることにします!
前日に宿のお部屋から眺めた赤い温泉橋を渡ってみることに!!
橋の上からは宿泊したお宿『茶心の宿 和楽園』がばっちり見えます!
反対側には嬉野温泉公衆浴場『シーボルトの湯』の姿も!!

ブログ1温泉橋から ブログ2シーボルトの湯

夜にここを散策出来たらライトアップされていて、本当に幻想的だったと思います。残念・・・。

ブログ3温泉橋 ブログ4虎之児

赤い橋をてくてく渡って、温泉街へ向かいます。

ブログ5井手酒造 ブログ6虎之児

嬉野の蔵元『井手酒造有限会社』の店舗があったので、お立ち寄りすることにします!
『井手酒造』といえば代表するお酒はこちら虎之児
『大正屋』宿泊時の夕食でいただきました。
さっぱりして飲みやすいおいしいお酒でした!
こちらでは試飲もさせてもらえるので、飲み比べして色々購入して帰りました!
特別純米 うれしの古湯(ことう)も自宅でいただいたのですが、辛口で本格的なおいしいお酒でした。

せっかくなので、前の月にも参拝した豊玉姫神社にも行ってみました!

ブログ7豊玉姫神社
   美肌祈願で有名な神社なので
   せっかく美肌温泉を堪能した身としては
   効果を確実にしないともったいないです!

なまず社の白なまず様にもご参拝し、美肌祈願をしました。

ブログ9白なまず ブログ8白なまず

そして、湯宿広場で足蒸しをします!

ブログ10足蒸湯 ブログ11足蒸湯

足蒸しは木の箱を開けて、両足を穴の中に入れ、更に箱を足にかぶせて15分程度蒸します。
蒸気が逃げないように箱と足の隙間にタオルをかぶせるのがポイント!
じわじわと温かくなってきて、すごく気持ちいいんです!!
もちろん、こちらは無料!
別府の鉄輪温泉にもこの足蒸し場があり、ワタシにとってはおなじみなのですが、改めて、足の調子の悪い時にはすごくいいんだなと思いました。
誰もいなかったので30分ほど利用しましたが、本当に効きました!!
温泉と足蒸しとのダブルの効果でしょうか?かなり歩けるようになったのがすごいです!!

この後は『うれしの茶交流館「チャオシル」』で嬉野茶体験に行ったのですが、それはまた後日ご紹介するとして!
旅の最後には、温泉湯豆腐で有名な『佐嘉平川屋』にお立ち寄りし、お豆腐をたくさん買って帰りました。

ブログ12平川屋 ブログ13平川屋

ここではお豆腐の販売だけでなく、温泉湯豆腐を店舗でいただけますが、夕食、朝食ですでにお腹一杯。
お昼は食べたくない状態です。
なので、ここではデザートをいただくことに!

ブログ16テラス席 ブログ14メニュー

テラス席に案内されました。メニューから平川屋パフェ650円をいただきます!

ブログ17豆腐パフェ ブログ18豆腐パフェ

こちらかなりのボリュームでびっくりした平川屋パフェ!!
豆乳ソフトクリームがたっぷり上に盛られていて、もっちりした豆腐団子と中には豆乳もちがたっぷり入っています!
黄粉と黒蜜がたっぷりかかった和風のパフェで、これはおいしい~!
大満足しました!!
こちらで購入したお豆腐も本当においしくて、自宅でもすごく満足!!
ここのお豆腐でも温泉湯豆腐をいただきました♪

スポンサーサイト



嬉野温泉『茶心の宿 和楽園』へ宿泊④『和楽園』の温泉湯豆腐はいかに!!朝食をいただきます♪

お茶風呂に、嬉野茶にお茶料理にとお茶尽くし、お茶三昧の『茶心の宿 和楽園』!!
朝も早くから、お茶風呂を堪能し、冷茶をいただき、更にお茶に浸りました。

朝から、全身お茶を取り込みまくったところで、朝食へ!
朝食会場も夕食と同じく1Fの会場「寿楽」でいただきます。

ブログ1お食事処 ブログ1朝食

夕食と同じ個室席に朝食が用意されていました。正統派の和食でおいしそうですね~

ブログ2朝食 ブログ3朝食

焼き魚に名物の茶粥、サラダや小鉢、玉子焼きもおいしそう!
先ずは茶粥から食べてくださいとご案内されました。
『大正屋』の茶粥より若干色味が濃いような!!緑が濃いです!ほんのり苦みがおいしいです。

ブログ6ご飯 ブログ4佐賀海苔、漬物

しかし、茶粥以上においしいのが、ここのご飯!
佐賀県白石町のお米のおいしさは感激ものです!『大正屋』のお米は嬉野の棚田米でしたが、それもすごくおいしかった~!!
佐賀県はお米も一級ですね~!
佐賀海苔とご飯の組み合わせもたまらない!

ブログ7温泉湯豆腐 ブログ8ゴマダレ

そして、やはり嬉野といえば温泉湯豆腐!
『大正屋』に続き、こちらのお宿でもいただけます!!

ブログ9温泉湯豆腐 ブログ5味噌汁

『大正屋』ではほとんど豆乳のようにとろけていましたが、ここのは、お豆腐の塊がまだ残っています。
前日のお昼には嬉野の老舗温泉湯豆腐屋さん『宗庵よこ長』で温泉湯豆腐定食をいただきました。
湯豆腐のスープにもしっかり味が付いていて、タレが不要なくらいおいしかったですが、『和楽園』の温泉湯豆腐は朝食にぴったりのあっさり系!タレもすごくおいしくて、お豆腐のおいしさが引き立ちます!
さすが嬉野!どこの温泉湯豆腐もそれぞれに特徴があっておいしいですね~

ブログ11コーヒーサービス ブログ10ヨーグルト

食後には朝食時のみ用意されていたセルフのコーヒーをヨーグルトと一緒にいただきました!
朝食は『大正屋』の方が品数が多く、全体的に豪華な感じでしたが、夕食でもうお腹一杯で、そんなに朝が食べられない感じだったので、ちょうどいいなあと思いました。

『大正屋』も『和楽園』も夕食のおいしさは、どちらと言えないくらいどちらもおいしく、それぞれにスタッフも感じがよく、お風呂も大満足しました。
施設の充実度や老舗ならではの風格は、やはり『大正屋』は素晴らしいと思いましたが、お値段は『和楽園』の方が少しばかり安かったので、気軽に宿泊するのに、とてもいいお宿だと思います。
このお値段でこれだけのお料理がいただけるし、お風呂のお湯質の良さも値打ちありだったので、これはリピしてみたいお宿となりました!
股関節の痛みも温泉のおかげで少しばかり和らいだので、この日は少しばかり町並み散策してみようという余裕がでました。


嬉野温泉『茶心の宿 和楽園』へ宿泊③お部屋の窓から温泉橋のライトアップ観賞&お部屋でコーヒータイム

夕方になるとお部屋の窓から見える赤い温泉橋の周辺がちらほらライトアップされていました。
この後、もっと暗くなったら、橋自体もライトアップされるそうです!!
『茶心の宿 和楽園』はお食事もすごくおいしかったですし、このお部屋からの眺めも最高!

ブログ1ライトアップ温泉橋

赤い橋のところまで、ちょっくらお散歩したい気分でしたが、この時、ワタシは股関節をちょっと痛めていたので、残念ながら窓からの観賞のみとなりました。

ブログ2ライトアップ温泉橋 
   千と千尋の神隠しチックな
   風情にうっとりしているワタクシです!

夕食を終えて、再びお部屋に戻ると、外はすっかり真っ暗に!

ブログ4ライトアップ温泉橋

ますます千と千尋の世界感が強まって、向こうに見えるお宿が、まるで油屋に見えてしまいます~

ブログ5ライトアップ温泉橋 ブログ3ライトアップ温泉橋

この日は街中散策が出来なかったのですが、こうして窓から、この景色が眺められて大満足しました。
股関節の痛みのために、お土産屋さんを物色ということもできなかったのですが、幸い旅館の売店に、コーヒーが販売されていました。こちらはお宿『和楽園』のオリジナル、うれしの温泉珈琲です。
1Fの喫茶コーナーでも1杯600円でいただけるそうですが、こちらはドリップパックなので、お部屋でゆっくりいただくのにちょうどいいです!嬉野温泉水で焙煎したコーヒー豆を使用してあるとか!!

ブログ6うれしの温泉珈琲 ブログ8大吟醸バターサンド

コーヒーのお供には行きの通り道でお立ち寄りした佐賀市川副町のおいしいケーキ屋さん『シェ・ヤマモト』で購入した東一 大吟醸バターサンド
佐賀、嬉野の『五町田酒造』が誇る銘酒、東一の中でも格調高い大吟醸の酒粕を贅沢に使ったスイーツです。
ワタシはこの東一 大吟醸バターサンドが大好きで、時々、わざわざ買いに行っておやつで食べていたんですが、一度もご紹介したことがなかったということに気付きビックリしています~!!
この機会に初お披露目しますね♪

コーヒーと合わせて早速いただきます♪

ブログ7バターサンドと珈琲 ブログ8大吟醸バターサンド&コーヒー

『御茶ノ水 小川軒』しかり、『近江屋洋菓子店』しかり、また『しろたえ』もしかり。
ワタシは東京の洋菓子店のレーズンサンドが一番おいしいと常々思っていますが、ここのはそれら正統派のレーズンサンドとはちょっと一線を画した異色のおいしさです!レーズンサンドであってレーズンサンドにあらずと言った感じでしょうか??

ブログ45大吟醸バターサンド ブログ44大吟醸バターサンド

レーズンは酒粕に大吟醸も加えて漬けこみ数日間熟成させているらしく、すごくお酒っぽいというか和のニュアンス!
生地はビスケット生地というより、随分固めでパリッとしていて、そして薄めなんです。
やはり、おいしい!!
そして、この温泉珈琲とも合いますね!
緑茶尽くしだったので、ここで少しコーヒーも欲しくなり、ライトアップされた温泉橋を眺めながら満喫しています。
この後は、また温泉でまったりするつもり。

さて、こちらが『シェ・ヤマモト』の店内の東一 大吟醸バターサンドです!!

ブログ46大吟醸バターサンド ブログ48大吟醸バターサンド

やはりお店でもかなり推しのお菓子のようですね♪

こうして夕食もお風呂もお部屋でも余すところなく満喫しているワタクシでした!!

嬉野温泉『茶心の宿 和楽園』へ宿泊②夕食~皐月22日の御献立

さてさて、随分ブログ更新の間が空いてしまい、続きを書こうにも、何だったか一瞬わからなくなってしまったほどです。

ではでは、ようやく5月に宿泊した嬉野温泉の『茶心の宿 和楽園』の夕食のご紹介を!
『和楽園』での夕食は1Fの宴会場「寿楽」が宿泊客の食事会場となります。

ブログ1食事処 ブログ4お部屋

宴会場とは言っても、このように、それぞれ個室の食事会場となっていて、コロナ対応も万全!
こちらのお宿はとにかくコロナ対応をしっかり取ってあるため、個室対応となっていて、しかも料理の提供回数もなるべく減らし、説明も控えているとのことでした。
ですが、いい加減な対応ではなく、きちんとされてあるので嫌な感じはしません。
むしろ、ゆったりワタシ達だけでおしゃべり出来るし、周りに目がないし、これはいい感じ♪

ブログ1御献立 ブログ4佐賀のおすすめ冷酒

皐月、5月の御献立はいかにも初夏らしい爽やかなお料理内容となっています。
さすが茶を五感で体感する宿というだけあって、温泉だけでなく、お食事もふんだんにお茶を使ってあるのが面白いです!
早速、お酒もいただくことにしますが、なんとお宿のオリジナルのお酒があるのを発見し、そちらを1本いただくことにしました!!

ブログ5和樂 ブログ5嬉野煎茶

こちらが宿オリジナルの日本酒、和楽です。
お食事の前にも嬉野茶の煎茶が早速用意され、おいしいお茶もじっくりと堪能できます!!

ブログ3御献立 ブログ2御献立 

爽やかで涼し気な初夏の風情のお料理が並び、すごくおいしそうです!!
テーブルには先付が三種用意されています。

ブログ6お食事 ブログ8先付 

食前酒 梅酒 緑茶割り

ブログ7梅酒緑茶割り  
   まずは食前酒で乾杯です!
   『大正屋』のお料理も食前酒は
   梅酒でしたが、こちらのは
   緑茶で割った梅酒!!

緑茶で割ってあるのでアルコール分はかなり薄くなり、そして更にさっぱりです。
やはりとことんお茶に特化したお料理だなあと思います。5月の新茶の季節にここに宿泊したのは大正解だったようです!

先付 
おろし和え  滑子 白海老 畦豆 茶酢 くこの実
茄子の冷製  蓴菜 茶葉
肥前さくらポークのローストポーク  呉攅竹 エンダイブ ラディッシュ お茶海苔

ブログ11おろし和え ブログ10茄子の冷製

このおろし和えのおいしいこと!!
これにもお茶酢が使われています。
味付けも柔らかく、程よいお酢加減。味加減が程よく、とてもおいしいです♪
やはりさっぱりしてますね!!
茄子の冷製もほんの少し洋のニュアンスがあっておいしいです!!
ジュンサイのとろみとふんだんに振りかけてある茶葉の苦みがベストマッチ!冷たくていいですね~

ブログ9肥前さくらポークのローストポーク ブログ16お茶すり

肥前さくらポークのローストポークも脂身が少なく、こちらもさっぱり!
お茶海苔からもお茶の香りがして、先付は全てにお茶が使われています。
ローストポークの上に呉攅竹がのっていますが、これはマコモダケ。
筍の一種ではなく、ネ科マコモ属の多年草です。
食感がショコショコしておいしかったです!

そして『和楽園』のお料理で名物なのがこちら「お茶すり」!!
自分ですり鉢の茶葉をすりこぎ棒ですり、すったお茶を料理に加えて食べる「お茶すり」はこの宿オリジナルです♪
ほのかなお茶の風味で料理の味もアップするとのことですが、これまで、すでにお茶尽くしなので、まだ使ってない状況です!!

御椀 石蓴真薯 水玉仕立て  水玉とまと 茶たまご 千枚冬瓜 木の芽

ブログ17御椀 ブログ18御椀

こちらも創意工夫が素晴らしいミニトマト入りのお椀です!!
すごく甘いトマトなのですが、ほのかな酸味がお出汁とすごく合っていて、感動モノのおいしさ!!
玉子の練り物と薄い冬瓜が入った夏の盛りにいただいても美味しいだろうなあと思える涼しいお椀です。
これはかなりおいしくて、一月前に感激した『大正屋』に勝るとも劣らないおいしさとビックリしているくらいです!
嬉野さすがですね~!!

御造里 美味割鮮 三種盛り  平須 鯛 烏賊昆布茶〆 妻一式 

ブログ12美味割鮮 三種盛り ブログ14美味割鮮 三種盛り

やはり佐賀県はお魚も最高においしい!
『大正屋』に負けてないお造りのおいしさ!ヒラスも鯛もイカもどれも新鮮!!
上品なおいしさです!
そして、こちらもやはり有田焼など佐賀の器をしっかり使われていて目でも楽しませてくれます!
正統派感漂う『大正屋』の器よりちょっとモダンな感じかなあと思いますが、どれもお料理と合っていてステキ!
気分が上がりますね~

焼物 鱸茶みそ田楽 ありた鶏山家焼   丸十 穴子八幡巻 葉地神

ブログ19焼物 ブログ20穴子八幡巻き

この焼物もおいしいんです!!
鱸の田楽も有田鶏のつくねもおいしい~
穴子も味がしっかりしていて、白いご飯がここで欲しくなりますね~
このまま、「お茶すり」のお茶が使われないまま終わりそうなので、味変にちょっとここで使用してみることに!
そのままで、十分おいしいので、使わなくてもいいのですが、少しだけお茶を振りかけました。

温物 丸茄子おらんだ  海老 お茶麩 薇 青唐

ブログ21温物 ブログ22温物

これまで一品一品、もうどれも最高においしかったんですが、ここに来て最高においしい大好物がやって来ました!!
揚げた丸茄子にめちゃめちゃおいしいお出汁が染み込んで最高!!!
中にたっぷりのゼンマイに、ゼンマイってこんなにおいしいものだったの!とビックリ!!
お茶麩のもっちり感もたまらんです!

台の物 和楽特選牛と若楠豚 嬉野茶しゃぶしゃぶ  葛切り クレソン 榎木 人参  薬味 ぽん酢

ブログ22台の物 ブログ23嬉野茶しゃぶしゃぶ

来ました~!!
これぞ『和楽園』の名物料理と言っても過言ではない嬉野茶のお茶しゃぶしゃぶ!!
鮮やかな緑が爽やかでたまりません!!

ブログ24和楽特選牛と若楠豚 ブログ25薬味 ぽん酢

マロニーではなく葛切りが出て来る嬉野の旅館!『大正屋』もそうでしたが、『和楽園』も同じくです!!
こちらは佐賀牛と若楠豚と牛肉、豚肉どちらも味わえる趣向ですね♪

ブログ27嬉野茶しゃぶしゃぶ
   早速、しゃぶしゃぶしますが
   お肉自体のおいしさが嬉野茶のお出汁で
   更に引き立つ感じ!!

お茶の効果でなのか、お肉の臭みや脂分や抜けるようで、さっぱりするんです!
なので、意外と食がすすみます~

こうして、嬉野茶を体内にめちゃめちゃ取り込んで、更に嬉野茶も間でいただくし、体の中がお茶!な感じ!!

油物 山女魚大葉巻  若茶葉 骨せんべい パプリカ 馬鈴薯茶まぶし 抹茶塩 レモン

ブログ28油物 ブログ29油物

いくらお茶でサッパリとは言え、ここに来てさすがにお腹一杯!!
それでも、まだやって来ますよ~
めちゃめちゃサービスいいなあと感心してしまうお料理の内容です!
パリパリっと揚がって、これもすごくおいしい山女の唐揚げ!
レモンをたっぷりかけていただくので、これもサッパリして、スナック感覚でいただけます。
お酒がここで必要になる感じです!!
ここでも抹茶塩が付いてはいますが、更に「お茶すり」のお茶を振りかけていただいています。

御飯 佐賀県産 白石米  ちりめん山椒
香の物 取り合わせ三種

ブログ30佐賀県産白石米 ブログ31香の物

お米はおひつにたっぷり持って来てくれました!!
ワタシ達で自由によそっていただきますが、このお米のおいしいいことと言ったら!!
お腹一杯でお茶碗に軽く一杯しか食べられないのが非常にもったいない・・・。
あまりにお米がおいしいので、食べられないのが悔しいなあと仲居さんに呟いたところ、ラップを持って来てくれました!!
よかったら夜食にどうぞ!だそうです!!
『大正屋』ではおにぎりにしてお部屋に持って来てくれましたし、ここではコロナ対応ということで、セルフでご自由に好きなだけお部屋にどうぞということで、どちらも親切でビックリ!!
とにかくおひつにたっぷりのご飯だったので、おにぎりが大量に出来てしまいました~!!
これは夜食にではなく、翌日のランチになりそうな勢いです!!
更に白石町のこのお米のあまりのおいしさに、帰りに白石町に立ち寄って、道の駅でお米を買って帰ることにしました。

留椀 田舎味噌仕立て  若布 豆腐 揚げ 小葱
水菓子 西瓜 抹茶水羊羹

ブログ32留椀 ブログ33水菓子

お味噌汁もお出汁が利いてすごくおいしいですし、南関揚げ?のような浮いた揚げもパリパリしておいしかったです!
このお味噌汁でご飯が更に進んでしまいました~

最後のデザートまで嬉野茶尽くしです!
この抹茶水羊羹ももちろん宿の手作りのデザート!とろりとして季節らしく、本当においしい水羊羹でした。

最初から最後のデザートまでどれも一品一品、おいしくて、これは『大正屋』とどっちが?というほどの満足感のあるお料理でした。
2ヵ月経っていますが、おいしかった記憶は薄れずに残っています。
こうして記事を書きながら、改めてまた食べたいなあと思いはじめました。
とにかく佐賀のお料理、特に嬉野はレベル高いなあとしみじみ感激しています。
『大正屋』は正統派の和食のおいしさで、こちらは、やはりお茶に特化した感じが強く特色がある感じ。
おいしさは、どちらが上とも言えないくらいどっちもおいしかったですね~
ですが、『和楽園』の方が暑い季節によりおいしいお料理なのかな~と思ったりもしています。
また季節を変えた時に再び行ってみたいと思っています。
とにかく大満足のお料理でした!!


嬉野温泉『茶心の宿 和楽園』へ宿泊①お部屋で一服!宿のお茶風呂を堪能!まさに嬉野茶尽くしです!!

さて1月後もまた嬉野温泉へ宿泊します!

5月に宿泊した『大正屋』がとても感じのいいお宿で、温泉がとにかくよくて、そのうえ、お食事もとてもおいしかったことから、嬉野温泉の株が急上昇!今回も嬉野温泉行ということになりました!
『大正屋』のお料理は、お肉は佐賀牛が最高!お魚も玄界灘と有明海と近海の海のものが集まっておいしいし、お豆腐も名物の温泉湯豆腐が出て来て、、佐賀海苔もお約束でおいしいしどれも満足でした!
とにかくお料理が口にあって、好みのものばかりなんです!食べられないものが何一つなくて安心というのがポイントにもなります。
そのうえ嬉野茶までおいしくって~

今回もまた『大正屋』に宿泊しようかなと思いましたが、他にも有名ないいお宿に恵まれている嬉野温泉。
他の旅館がどんな感じなのかも知りたくて、2度目は『茶心の宿 和楽園』への宿泊にしています!

もちろん5月も佐賀ささえ愛宿泊キャンペーンを利用して5000円オフで宿泊しています!!今回も第一観光のプランを利用!
『茶心の宿 和楽園』はその名の通り、嬉野茶にこだわったお宿で、嬉野のお茶をたっぷりと浸したお茶風呂が名物です。
お料理もお茶しゃぶやお茶酢、お茶すりをしてお料理にふりかけるなど、何から何までお茶というこだわりです!!
5月は新茶の季節ですし、これだけ嬉野茶に特化したお宿というのもいいかも~と思いました。
新緑の季節にお茶料理はサッパリしそうですよね~

宿メインで訪れているのでチェックインもこの頃、早めに行うようになりました!
今回も3時前にはすでにお宿に到着です!

ブログ1和楽園 ブログ1茶心の宿和楽園

こちらは創業昭和48年。『大正屋』ほど老舗というわけではありませんが、『和楽園』も有名なお宿です。

ブログ2和楽園 ブログ3和楽園

重厚な『大正屋』と比べると、ちょっとカジュアルな感じがします。

ブログ4ロビー ブログ6ロビー

ロビーの感じも重厚というより、ちょっと大正ロマン民芸といった感じでしょうか。
正統派なのはやはり『大正屋』のほうかな。

ブログ7ロビー ブログ8お庭

ロビーからはお庭の緑も美しく、なかなかに趣があります。
やはり、考えていることが同じ人が多いのでしょうね。
早めチェックインで訪れた方が数多く・・・。ロビーはあっという間にごったがえしました。
コロナのためにウェルカムドリンクは中止してあるそうで、お付き菓子とお茶はお部屋でのみいただくことになります。
『大正屋』も同じく、ウェルカムドリンクはありませんでしたが、無料のドリンクバーがありました。
こちらはコロナ対策優先といった感じで、お部屋への案内もエレベーターまで。
わりとあっさりした感じでしたが、ほったらかしにされたというようなイヤな感じではなく、それはそれでこのご時世らしい対応でこれもありかと思いました。
この後のお食事の際などもですが、対応はあっさりした感じですが、やはりイヤな感じではなく、あっさりとよかったです。

ブログ5亀 ブログ9お茶ショップ

館内の本館ロビー横では、なぜか亀が暮らしているようで、しばし亀に見入ってしまいました。
こちらはかなりオシャレな『CHAYA JIRO the SHOP』という館内にある嬉野茶ショップ。
嬉野茶農家である茶屋二郎さんのお茶をメインに取り扱うショップだそうです。
買って帰ろうと思いましたが茶葉ではなくティーバッグタイプだったので、購入は見合わせました。
ワタシの中ではどうしても茶葉タイプのお茶の方がおいしいという認識がありまして・・・。

ブログ10お部屋 ブログ11床の間

さて、こちらがお部屋です。本館の4階の普通の和室です。
『大正屋』のお部屋とほぼ同じタイプで、一番簡易的なお部屋だと思います。
しかし床の間には掛け軸や香炉も飾られ、和室らしく設えてあります。
『大正屋』の方が、お花が活けてあったり、お香もたかれていたりとお部屋の設えは細やかでしたが、ここのお部屋もそれなりに落ち着きます。
清掃は丁寧にされてあるし、少し汚れているかなと気になったパンフレットは後ですぐに取り換えに来てくれたりと親切でした。
『大正屋』のお部屋の方がよかったかなと思いながらも、ここのお部屋からの眺めはとても素晴らしかったです!!眺望はこちらの方がすごくよかった!!

ブログ12眺め

このように町の中心を流れる嬉野川や温泉街の景色を望むことができ、すごく癒されます。
赤い温泉橋がすごく情緒があっていい雰囲気!!
これだけでも、この部屋でよかった~と思いましたが、更に夜はこの温泉橋がライトアップされ、まるで千と千尋の世界のようで見ていて飽きない感じでした!!

ブログ13お茶 ブログ14お茶

さすが茶心の宿というだけあって、こちらもおいしそうな嬉野茶の茶葉が用意されてあります!
まずはお部屋で一服ですね。

ブログ13お茶セット ブログ14お付き菓子

お付き菓子は抹茶のあわせ焼き。嬉野茶が使われた餡入りのお菓子です。
庶民的ですが、甘いものが欲しい時にはちょうどいいです。嬉野茶もやはりとてもおいしいです!

さて、こちらもお部屋には内風呂もあり、温泉が出るとのことでしたが、ユニットバス形式だったので今回は内風呂は使用せず。
大浴場をとことん堪能しました!!

ブログ15大浴場 ブログ16お茶サービス

こちらが1階にある大浴場、季楽の湯。
この大浴場の奥に巨大な石の急須から浴槽に嬉野茶のお茶エキスがたっぷりそそがれる露天茶風呂があります!!
そのお茶風呂が楽しみで!!
実際に入ってみると、自由に使えるお茶パックもおいてあり、顔や身体に浸して、より美白効果を楽しめるとか!!
お茶の香りもいいし、更にお湯にお茶がとけだして、ますますいい香りです!!
元々のお湯質もいいので、気持ちいい事この上なしです!
じっとり暑い季節に、さっぱりとしたお茶のお風呂は気持ちいいですね~
普通の大浴場は、お茶無しの嬉野温泉が満喫できました!!
ですが、こちらはシャンプーもコンディショナーもボディソープも全てお茶のシリーズ。
更にお風呂上りには冷たい嬉野茶が飲み放題で、身体の外から中まで早くもお茶尽くしです。

ブログ17休憩室 ブログ18休憩室

ワタシはこの時期、実は庭の剪定をしていて片足を痛めてしまい、びっこひきながら、嬉野温泉にやって来ている状態でした。
そんな状態ながらも、温泉療養を目的に、お風呂にとにかく入りまくっています。
しばし、休憩コーナーでまったりし、また再び温泉へ。至福です~

この後は楽しみの夕食です。
足がなんともなかったなら、もう少し街中を散策してもよかったんでしょうが、とてもそんな状態ではなく、ひたすらお宿の温泉を楽しんでいる状態。
疲れもとれて、温泉旅行はいいものです!


Appendix

プロフィール

GUIHUA

Author:GUIHUA
器が大好き!!コーヒー、紅茶、日本茶と和菓子、洋菓子を組み合わせお家でにやにやしています。
自宅でのティータイムをご覧ください。

カテゴリ

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR